旅のあれこれ文 学


高村光太郎ゆかりの地

 明治16年(1883年)3月13日、彫刻家の高村光雲の長男として生まれる。

 明治19年(1886年)5月20日、長沼智恵子は造酒屋の長女として生まれる。

 明治25年(1892年)11月、下谷西町から本郷区駒込千駄木林町に転居。

 明治29年(1896年)3月、下谷高等小学校卒業。

 明治30年(1897年)9月、高村光太郎は東京美術学校(現:東京芸術大学美術学部)彫刻科に入学。

 明治37年(1904年)5月、高村光太郎は初めて赤城を訪れた。7月7日にも再訪し、夏を通して50余日間滞在している。

 明治37年(1904年)8月2日、光太郎の案内で新詩社夏季清遊会として赤城を訪れ、猪谷旅館に4泊した。

 明治39年(1906年)2月27日、高村光太郎はニューヨークへ。

 明治40年(1907年)6月19日、光太郎はニューヨークを発ち、ロンドンに向かう。

 明治45年(1912年)、アトリエが完成。

 大正元年(1912)8月、高村光太郎は銚子の犬吠埼に写生旅行に出掛け、智恵子と再会した。

 大正2年(1913年)8月、高村光太郎は油絵制作のため「上高地温泉ホテル」に滞在し、9月に長沼智恵子と上高地温泉で落ち合った。

 大正3年(1914年)10月15日、詩集『道程』を出版。同年、長沼智恵子と結婚。

 大正15年(1926年)12月、宮沢賢治は上京して、高村光太郎を訪ねる。

 昭和4年(1929年)10月16日、高村光太郎は友人を誘って赤城へ。猪谷旅館に4泊した。

 昭和6年(1931年)8月9日、高村光太郎は東京を発ち、三陸海岸。気仙沼を出港、唐桑半島を回って北上する。

 昭和6年(1931年)、智恵子に精神分裂の兆候が現われだした。45歳の時である。

 昭和8年(1933年)5月、高村光太郎は智恵子とともに草津入湯。

 昭和8年(1933年)9月1日、高村光太郎と千恵子は不動湯温泉へ。4日間滞在した。

 昭和8年(1933年)9月4日、高村光太郎と智恵子は東北旅行の最後で塩原温泉「柏屋」に泊まった。

 昭和8年(1933年)9月21日、宮沢賢治は37歳の若さで亡くなる。

 昭和9年(1934年)5月7日、千葉県九十九里町真亀納屋の実妹斉藤せつ夫妻の寓居「田村別荘」に天地療養。

 昭和9年(1934年)10月10日、高村光雲は82歳で死去。

 昭和10年(1935年)、智恵子はゼームス坂病院に入院。

 昭和11年(1936年)、高村光太郎の揮毫で雨ニモマケズ詩碑建立。

 昭和13年(1938年)10月5日、智恵子死去。

 昭和16年(1941年)、詩集『智恵子抄』を発表。

 昭和20年(1945年)4月13日、空襲で東京のアトリエを焼失。宮沢賢治の父を頼って花巻に疎開。

 昭和20年(1945年)8月10日、宮沢家も戦災に遭う。

 昭和20年(1945年)10月5日、花巻市の松庵寺を訪れた。

 昭和28年(1953年)6月、乙女の像の原型完成。10月、光太郎は十和田湖畔の除幕式典に参加した。

 昭和31年(1956)4月2日、高村光太郎は73歳で亡くなる。

 昭和35年(1960年)5月22日、二本松市に「智恵子抄詩碑」建立。

 昭和36年(1961年)7月、九十九里町に「智恵子抄詩碑」建立。

 昭和58年(1983年)、智恵子の杜公園に「樹下の二人」の詩碑建立。

 平成2年(1990年)、草津の囲山公園に高村光太郎の詩碑建立。

 平成5年(1993年)3月14日、唐桑半島の御崎神社に高村光太郎文学碑建立。

 平成7年(1995年)6月、品川郷土の会「レモン哀歌」の詩碑建立。

乙女の像

十和田湖(青森県十和田市)

大沢温泉
光太郎の書
(岩手県花巻市)

雨ニモマケズ詩碑

(岩手県花巻市)

松庵寺

(岩手県花巻市)

高村山荘

(岩手県花巻市)

高村光太郎文学碑

御崎園地(宮城県気仙沼市唐桑町)

不動湯温泉

(福島県福島市)

智恵子の杜公園

(福島県二本松市)

高村光太郎詩碑

二本松駅(福島県二本松市)

智恵子抄詩碑

霞ヶ城(福島県二本松市)

小川芋銭先生景慕碑

長禅寺(茨城県取手市)

塩の湯温泉「柏屋」

(栃木県那須塩原市)

赤城山

(群馬県前橋市)

囲山公園

(群馬県吾妻郡草津町)

「正直親切」の記念碑

第一日暮里小学校(東京都荒川区)

東京芸術大学

(東京都台東区)

高村光太郎旧居跡

千駄木界隈(東京都文京区)

「レモン哀歌」の詩碑

(東京都品川区)

犬吠埼

(千葉県銚子市)

犬吠埼温泉「暁鶏館」

(千葉県銚子市)

智恵子抄詩碑

(千葉県山武郡九十九里町)

碌山美術館

(長野県安曇野市)

上高地温泉

(長野県松本市)

旅のあれこれ文 学に戻る