高村光太郎ゆかりの地

indexにもどる

草津町〜囲山公園〜

草津温泉共同浴場「関の湯」の側に囲山公園があった。


草津町囲山公園の白根神社の脇に芭蕉の句碑がある。

芭蕉の句碑


夏の夜や谺に明くる下駄の音

出典は俳諧一葉集』

また囲山公園には高村光太郎の詩碑がある。


 高村光太郎は草津を何回か訪れているが、昭和2年(1927年)7月には十数日滞在している。この時「草津」という詩を作った。

 昭和8年(1933年)5月には夫人智恵子とともに入湯し、「智恵子には草津の湯がいいようだ。」と手紙の中に書き残している。昭和6年(1931年)智恵子45歳の時、精神分裂の兆候が現われだしていた。

 この碑は「草津」原稿全文を光太郎の自筆でパネルにしたもの。平成2年(1990年)建立。

 高村光太郎は昭和2年、昭和8年ともに「望雲館」に宿泊している。当時「望雲館」湯畑の前にあったが、火災の焼失。現在の「ホテル望雲」は湯畑から徒歩3分ほどの高台にある。

 昭和8年(1933年)9月には斎藤茂吉も「望雲館」に2泊している。

蓮華躑躅(れんげつつじ)が咲いていた。


万座温泉に行く。

高村光太郎ゆかりの地に戻る