正岡子規


『俳句稿』

高浜虚子『子規句解』

『子規全集』(第三巻)

『俳句稿』

   (明治三十年 春)

信濃路や宿借る家の蚕棚

   (明治三十年 夏)

   送秋山真之米國行

君を送りて思ふことあり蚊帳に泣く

   立花天神祭禮

薫風や大文字を吹く神の杜

   根岸名所ノ内

下駄洗ふ音無川や五月晴

   (明治三十年 秋)

   根岸名所ノ内

芋阪の團子屋寐たりけふの月

芋阪に芋を賣らず團子倍る小店

蕣に朝商ひす篠の雪

   (明治三十年 冬)

   草 庵

冬さびぬ藏澤の竹明月の書

乾鮭や市に隠れて貧に處す

   (明治三十一年 春)

糸のべて凧の尾垂るゝ水田哉

   (明治三十一年 夏)

夏山や四十五番は岩屋寺

夏草やベースボールの人遠し

   (明治三十一年 秋)

秋昔三十年の團子店

火や鉦や遠里小野の虫送

名物や月の根岸の串團子

入谷から出る朝顔の車哉

   (明治三十一年 冬)

   新聞ノ一

筆に聲あり霰の竹を打つ如し

聖堂やひつそりとして鷦鷯

   (明治三十二年 春)

亡き妻のまほろし見たり春の宵

善き妻の春の社に詣でけり

   不 忍

辨天の樓門赤き櫻哉

   (明治三十二年 秋)

馬叱る新酒の醉や頬冠

   百花園

入口に七草植ゑぬ花屋敷

   (明治三十二年 冬)

松山の城を見おろす寒哉

雜閙や熊手押あふ酉の市

   (明治三十三年 秋)

蕈狩や淺き山々女連

正岡子規に戻る