2008年京 都

嵯峨野〜去来の墓〜
indexにもどる

落柿舎の裏に去来の墓がある。


去来墳道標の碑


去来先生墳

永井瓢齋の句が刻まれている。

秋風にふきのこされて墓一つ

永井瓢齋は十世庵主。

去来の墓の入口に吉井勇の小さな歌碑があった。


新緑のまつりの歌をよむことも
嵯峨風流のひとつなるべし

右側に与謝野晶子の小さな歌碑もあった。


皐月よし野山のわか葉光満ち
末も終りもなき世の如く

「深林の香」収録の歌。

その右に高浜虚子の句碑もあった。


百合生けて人ゆきゝせぬ虚室哉

出典は不明。

去来の墓


嵯峨野の喧噪がうそのように人がいない。

 明治41年(1908年)8月23日、高浜虚子は「去来の墓」に参拝している。

凡そ天下に去来程の小さき墓に参りけり

由公の墓に参るや伴連れて

此墓に系図はじまるや拝みけり

      明治四十一年八月二十三日 日盛会。第二十一回。

『五百句』

 昭和3年(1928年)7月1日、荻原井泉水は「去来の墓」を見ている。

 私達は二尊院の道へ曲って、そこの藪の中にある去来の墓を展した。権、樫、楠などの木がひょろひょろと立っていて、一方は竹林であり、それは落柿舎の裏を蔽っている竹林だから、つまり墓は落柿舎の後庭にあるといってもいいのである。低い竹垣をめぐらした中に、その垣竹よりも低く小さい、烏帽子のような形をした石に、ただ

   去   来

と刻んである。所で、この墓というものも、重厚が明和年間に落柿舎を再建した後に建ったもので、本当の去来がここに埋められているのではない。

『随筆芭蕉』(落柿舎)

山口誓子は「去来の墓」を訪ねている。

 二尊院を辞して、藪道を西へ行くと、左側に「去来先生墳」という標石が立っている。導かれてその墓に詣でた。「去来」とただ二字だけ書いたその墓はいつ見ても小さい。

 藪道に戻って、西行をつづけ、左折して落柿舎の前に到った。


去来の本当の墓は真如堂の墓地にあった。

旧蹟西行井戸があった。


   小倉の麓に住み侍りけるに鹿のなきけるをきゝて

牡鹿なく小倉の山のすそ近みたゞひとりすむ我心かな


西行の歌碑


牡鹿なく小倉の山のすそ近みただ独りすむわが心かな

2008年京 都〜に戻る