旅のあれこれ


西行ゆかりの地

俗名は佐藤義清(のりきよ)。出家して法号は円位。

『山家集』

善知鳥神社

(青森県青森市)

きゝもせず束稲やまのさくら花
   よし野のほかにかゝるべしとは

中尊寺(岩手県西磐井郡平泉町)

象潟

(秋田県にかほ市)

西行戻しの松

(宮城県宮城郡松島町)

西行法師の石像

天麟院(宮城県宮城郡松島町)

壺碑

(宮城県多賀城市)

朽もせぬ其名ばかりをとゞめをきて
   かれのゝ薄かたみにぞみる

笠島(宮城県名取市)

武隈の松

二木の松史跡公園(宮城県岩沼市)

腰居坂

(山形県寒河江市)

心ある人に見せばや陸奥の
   矢祭山の秋の景色を

矢祭山公園(福島県東白川郡矢祭町)

大鳥城跡

(福島県福島市)

おふ國分(くぼ)の田のもの蛙名のみして
   ね覺せよとて鳴く声ぞうき

多賀市民プラザ(茨城県日立市)

袋田の滝

(茨城県久慈郡大子町)

道のべに清水流るゝ柳かげ
   しばしとてこそ立ちどまりつれ

遊行柳(栃木県那須郡那須町)

ながむながむ散りなむことをきみも思へ
   くろ髪山に花さきにけり

稲荷神社(栃木県日光市)

西行法師見返りの松

永福寺(埼玉県北葛飾郡杉戸町)

西行塚

長心寺(東京都八王子市)

梅か香にたくへてきけばうくひすの
   こゑなつかしきはるのやまさと

(神奈川県伊勢原市)

こころなき身にもあはれは知られけり
   鴫立沢の秋の夕暮

(神奈川県中郡大磯町)

年たけてまた越ゆべしとおもひきや
   命なりけりさやの中山

小夜の中山公園(静岡県掛川市)

甲斐が根の麓の原はみな暮て
   夕日残れるはじかのゝ山

甲州市立大和中学校(山梨県甲州市)

風になびく富士の煙の空に消えて
   ゆくへも知らぬわが思ひかな

西行公園(山梨県南巨摩郡南部町)

布引観音

(長野県小諸市)

姨捨山

(長野県千曲市)

越に来て冨士とやいはん角原の
   文殊がたけの雪のあけぼの

朝六つ橋の碑(福井県福井市)

本隆寺

(福井県敦賀市)

待たれつる入相のかねの音す也
   あすもやあらばきかむとす覧

西行苑(岐阜県恵那市)

春くればうぐいすのまた梅に来て
   みのなりはじめ花のおわり

墨俣一夜城(岐阜県大垣市)

伊勢神宮外宮

(三重県伊勢市)

西行庵

(京都府京都市)

牡鹿なく小倉の山のすそ近み
   ただ独りすむわが心かな

嵯峨野(京都府京都市)

四天王寺

(大坂府大阪市)

住吉大社

(大阪府大阪市)

千鳥なく絵島の浦にすむ月を
   波にうつして見るこよいかな

絵島(兵庫県淡路市)

知らで見ば富士とはいわん石見なる
   佐比売の嶽の雪のあけぼの

西行堂(島根県大田市)

むかし見し松は老木に成にけり
   わか年へたるほともしられて

八幡若宮神社(岡山県岡山市)

植松八幡宮

(山口県防府市)

西行庵

(香川県善通寺市)

「旅のあれこれ」に戻る