山口誓子


『句碑をたずねて』

(奥の細道の句碑)  ・ (その他芭蕉の句碑)

昭和40年(1965年)6月、『句碑をたずねて』の取材旅行。

子規の句碑

涼しさの昔をかたれ荵摺

信夫文知摺観音(福島県福島市)

朝霧や船頭うたふ最上川

戸澤藩船番所(山形県最上郡戸沢村)

朝霧や四十八瀧下り船

草薙温泉(山形県最上郡戸沢村)

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)

「子規・虚子師弟碑」

須磨浦公園(兵庫県神戸市)

虚子の句碑

犬吠の今宵の朧待つとせん

犬吠埼(千葉県銚子市)

秋水の音高まりて人を想ふ

山中温泉(石川県加賀市)

散紅葉こゝも掃きゐる二尊院

二尊院(京都府京都市)

凡そ天下に去来ほどの小さき墓に詣りけり

落柿舎(京都府京都市)

七盛の墓包み降る椎の露

赤間神宮(山口県下関市)

土佐日記懐にあり散る桜

紀貫之邸跡(高知県南国市)

こゝに見る由布の雄岳や蕨狩
   年尾
大夕立来るらし由布のかき曇り
   虚子
これがこの由布といふ山小六月
   立子


城島高原パーク(大分県別府市)

青畝の句碑
   
虚子の句碑
五月雨の雨垂ばかり浮御堂
   
湖もこの辺にして鳥渡る

   


浮御堂(滋賀県大津市)

虚子の句碑
   
誓子の句碑
炎天の空美しや高野山
   
夕焼けて西の十萬億土透く

   


高野山(和歌山県伊都郡高野町)

子規の句碑
   
放哉の句碑
暁や白帆過ぎ行く蚊張の外
   
こんなよい月をひとりで見て寝る

   


須磨寺(兵庫県神戸市)

碧梧桐の句碑

さくら活けた花屑の中から一枝拾ふ

(愛媛県松山市)

秋桜子の句碑

今見しを月下の石蕗に時雨来て

(石川県金沢市)

秋聲文學碑

生きのびてまた夏草の目にしみる

(石川県金沢市)

野風呂の句碑
   
いはほの句碑
鴬や今日の本尊にこやかに
   
椿落ちて林泉の春動きけり

   


法然院(京都府京都市)

山口青邨の句碑

人も旅人われも旅人春惜しむ

中尊寺(岩手県西磐井郡平泉町)

椰子の実記念碑

渥美半島(愛知県田原市)

乙女の像

十和田湖(青森県十和田市)

伊藤左千夫の生家

(千葉県山武市)

伊藤左千夫の歌碑

本須賀海水浴場(千葉県山武市)