西行ゆかりの地


『山家集』

治承2年(1178年)頃に成立し、約300首が増補されたという。

   春の歌

   梅に鶯の鳴きけるを

梅か香にたぐへて聞けばうぐひすの聲なつかしき春の山ざと

小ぜりつむ澤の氷のひまたえて春めきそむる櫻井の里

ねがはくは花の下にて春死なんそのきさらぎのもち月の頃

   山家呼子鳥

山ざとに誰を又こはよふこ鳥ひとりのみこそ住まむとおもふに

佛には櫻の花をたてまつれわが後の世を人とぶらはば

   夏の歌

   美濃の國にて

郭公都へゆかばことづてむ越えくらしたる山のあはれを

   秋の歌

   女郎花水近

女郎花池のさなみに枝ひぢてもの思ふ袖の濡るゝ顔なる

   久しく月を待つといふ事を

出でながら雲にかくるる月かげをかさねて待つや二むらの山

   名所の月といふことを

清見潟沖の岩こすしら波に光をかはす秋の夜の月

   海邊月

清見潟月すむ夜半のうき雲は富士の高嶺の烟なりけり

   遠く修行し侍りけるに、象潟と申所にて

松島や雄島の磯も何ならずただきさがたの秋の夜の月

   小倉の麓に住み侍りけるに鹿のなきけるをきゝて

牡鹿なく小倉の山のすそ近みたゞひとりすむ我心かな

荒れわたる草のいほりにもる月を袖にうつしてながめつるかな

   冬 歌

月をまつ高嶺の雲は晴れにけり心ありけるはつ時雨かな

   題しらず

千鳥なく繪嶋の浦にすむ月を波にうつして見る今宵かな

   西國へ修行して罷りける折、兒嶋と申所に、八幡のい
   はゝれ給ひたりけるに籠りたりけり。年經て又その社
   を見けるに、松どもの古木になりたりけるを見て

むかし見し松は老木に成にけり我年經たる程も知られて

   羈旅歌

天王寺にまゐりけるに、雨のふりければ、江口と申す所に宿を借りけるに、かさざりければ

世の中をいとふまでこそかたからめかりのやどりを惜しむ君かな

   かへし

家を出づる人とし聞けばかりの宿に心とむなと思ふばかりぞ

   天王寺へまゐりて、龜井の水を見てよめる

あさからぬ契の程ぞくまれぬる龜井の水に影うつしつゝ

   庵のまへに松のたてりけるを見て

久にへて我が後の世をとへよ松跡したふべき人もなき身ぞ

ここを又我が住みうくてうかれなば松はひとりにならむとすらむ

大師の生れさせ給ひたる所とて、めぐりしまはして、そのしるしの松のたてりけるを見て

あはれなり同じ野山にたてる木のかゝるしるしの契ありけり

岩にせくあか井の水のわりなきは心すめともやどる月かな

   雜 歌

いにしへ頃、東山に阿彌陀房と申ける上人の庵室にまかりて見けるに、何となくあはれにおぼえて詠める

柴の庵と聞くは悔しき名なれども世に好もしき住居なりけり

しほそむるますをのこ貝ひろふとて色の濱とはいふにやあるらむ

あづまの方へ、相知りたる人のもとへまかりけるに、さやの中山見しことの、昔になりたりける、思ひ出でられて

年たけて又こゆべしと思ひきや命なりけりさやの中山

   あづまの方へ修行し侍りけるに、富士の山を見て

風になびく富士の煙の空にきえて行方も知らぬ我が思ひかな

陸奥の國へ修行して罷りけるに、白川の關に留まりて、所柄にや常よりも月おもしろくあはれにて、能因が、「秋風ぞ吹く」と申しけん折何時なりけんと思出でられて、名殘り多くおぼえければ、關屋の柱に書き付けける

白川の關屋を月の洩る影は人の心を留むる成けり

關に入りて、信夫と申邊、あらぬ世の事におぼえて哀れなり。都出でし日數思ひ續けられて、「霞と共に」と侍ることの跡辿り詣(ま)で來にける心一つに思知られて詠みける

みやこ出でて逢坂越えし折までは心かすめし白川の關

武隈の松は昔になりたりけれども、跡をだにとて見に罷りて詠みける

枯れにける松なき跡の武隈はみきと言ひても甲斐なかるべし

陸奥の國にまかりたりけるに、野の中に常よりもとおぼしき塚の見えけるを、人に問ひければ、中將の御墓と申は是が事なりと申ければ、中將とは誰がことぞと、又問ひければ、實方の御事なりと申ける、いとかなしかりけり。さらぬだに物哀に覺えけるに霜枯れ枯れの薄、ほのぼの見えわたりて、のちに語らんも言葉なきやうにおぼえて

朽ちもせぬその名ばかりを留め置て枯野の薄形見にぞ見る

とふ人も思ひたえたる山里のさびしさなくは住みうからまし

陸奥の奥ゆかしくぞおもほゆる壷の碑そとの濱風

十月十二日、平泉に罷着きたりけるに、雪降り、嵐激しく、殊の外に荒れたりけり。いつしか衣河見まほしくて罷りむかひて見けり。河の岸につきて、衣河の城しまはしたる事柄、様變りて物を見る心地しけり。汀凍りて取り分き冱えければ

<
取り分きて心も凍みて冱えぞ渡る衣河見に來たる今日しも

伊勢の二見の浦に、さる様なる女(め)の童どもの集まりて、わざとのこととおぼしく、蛤をとり集めけるを、いふ甲斐なき蜑人こそあらめ、うたてきことなりと申ければ、貝合せに京より人の申させ給たれば、選りつゝ採るなりと申けるに

今ぞ知る二見の浦のはまぐりを貝合せとて覆ふなりけり

ふりたるたな橋を、紅葉のうづみたりける、渡りにくくてやすらはれて、人に尋ねければ、おもはくの橋と申すはこれなりと申しけるを聞きて

ふまゝうき紅葉の錦散りしきてひとも通はぬおもはくの橋

陸奥の國に平泉に向ひて、たはしねと申す山の侍に、異木は少き様に櫻の限見えて、花の咲きたりけるを見て詠める

きゝもせずたはしね山の櫻花吉野の外にかゝるべしとは

  神祇歌

俊恵天王寺にこもりて、人々具して住吉にまゐり歌よみけるに具して

住よしの松が根あらふ浪のおとを梢にかくる沖つしら波

   みもすそ二首

初春をくまなく照らす影を見て月にまづ知るみもすその岸

みもすその岸の岩根によをこめてかためたてたる宮柱かな

『異本山家集』

   太神宮御祭日よめるとあり

何事のおはしますをば知らねどもかたじけなさの(に)なみだこぼるゝ

西行ゆかりの地に戻る