私の旅日記2014年

上松小学校〜藤村文学碑〜
indexにもどる

JR中央本線上松駅下車。


   木曾上松

羽抜鶏駆けて山馬車軋り出づ


上松の驛いでてよりいつしかも傾く天(あま)つ日に吾等はむかふ

『曉紅』

旧中山道を行くと、上松小学校がある。

土手の上に斎藤茂吉の歌碑があった。


駒ヶ嶽見てそめけるを背後にし小さな汽車は峡に入りゆく

『曉紅』収録の歌。

碑 陰

辻村麦雨 書

斎藤茂吉は昭和11年10月16日、木曽教育会五十周年記念講演のため来曽し、上松より森林鉄道に乗り、王滝へ向ったその折当地で詠んだ短歌である。

   平成3年10月吉日

上松町郷土研究会之建

斎藤茂吉記念館の歌碑一覧にはない。

上松小学校入り口の石段右手に藤村文学碑があった。


山は静かにして性を
やしなひ水は動いて
情をなぐさむ

   洒落堂の記より

開校80周年を記念して昭和29年度卒業生父兄一同建立。

立場茶屋へ。

「私の旅日記」2014年〜に戻るへ