旅のあれこれ


徳川家光ゆかりの地

江戸五色不動

 慶長9年(1604年)7月17日、徳川秀忠の次男として江戸城西の丸に生まれる。母は豊臣秀吉の養女(浅井長政の三女)・於江与。

 元和9年(1623年)7月27日、伏見城で将軍宣下を受け、正二位内大臣となる。

 寛永元年(1624年)、春日局隠棲所として麟祥院が創建される。

 寛永2年(1625年)、寛永寺創立。

 寛永7年(1630年)、将軍の御座船「天地丸」建造。

 寛永11年(1634年)、上洛。

 寛永13年(1636年)、日光東照宮を造営。

 寛永15年(1638年)2月、島原の乱を鎮圧。

 寛永16年(1639年)、ポルトガル人追放令を発布。

 正保3年(1646年)、朝廷は家康に「東照宮」の宮号を贈る。

 慶安2年(1649年)、家光によりに浅草寺再建。

 慶安4年(1651年)、上野東照宮を大規模に造り替える。

 慶安4年(1651年)4月20日、江戸城内で死去。

 承応元年(1653年)、大猷院廟造営。

日光東照宮

(栃木県日光市)

日光山輪王寺大猶院

(栃木県日光市)

喜多院

(埼玉県川越市)

長命寺

(東京都墨田区)

牛嶋神社

(東京都墨田区)

麟祥院

(東京都文京区)

目赤不動尊

南谷寺(東京都文京区)

二の丸庭園

東御苑(東京都千代田区)

目黒不動堂

瀧泉寺(東京都目黒区)

品川神社

(東京都品川区)

旅のあれこれに戻る