下 町台東区
indexにもどる

〜浅草寺〜

浅草3丁目から再び浅草寺へ。


浅草寺本堂(観音堂)


裏から写真を撮ってみた。

 浅草寺にて

、    雨の日や桜しづまるうしろ堂

加舎白雄「鎌都」

十月やうらからおがむ浅草寺

『七番日記』(文化12年10月)

人通りも少なくなった。

雪の曙観音堂をおほらかにひと廻りしてみたりけるかも


 浅草寺は草創以来焼失と再建を繰り返した。慶安2年(1649)3代将軍家光によりに再建され、明治40年「国宝」に指定された。関東大震災も無事に免れたが、昭和20年3月10日の東京大空襲で「国宝浅草寺本堂」は焼け落ちてしまった。戦後の昭和26年復興に着手、昭和33年に再建。

浅草寺五重塔


戦災により焼失。

昭和48年11月1日に再建された。鉄筋コンクリート造りである。

五重の塔の雪うつくしく段々につもりけるかなと眺めてぞゐし   白秋

 元禄9年(1696年)、天野桃隣は『奥の細道』の跡をたどる旅を終え、浅草寺に参詣して句を詠んでいる。

 浅草に入て、はや江戸の気色、こゝろには錦を着て編綴(へんてつ)の袖を翻し、観音に詣

   ○手を上て群集(ぐんじゆ)たり草の花


 明和元年(1764年)12月16日、内山逸峰は浅草寺で歌を詠んでいる。

 明る十六日、浅草の観音にて、

   たがつけし誓ひ千尋の海よりも深きめぐみの名をばあさくさ


 明和8年(1771年)5月1日、諸九尼は浅草寺に参詣している。

浅草の観音にまうでしに、行かふ人のを(お)し合ひたるさま、聞しよりまさりてにぎわ(は)し。


 安永9年(1780年)4月12日、蝶夢は浅草寺に参詣している。

 浅草寺は、参詣の貴賤とろとろと水の流るゝごとし。此国に昔よりおはします観世音にて、霊験の事は、かけても申さじ、この年月の火にも焼で、御堂物ふりにたり。「火不能焼」のちかひなるか。


文化6年(1809年)3月、優婆塞菜窓菜英三匠句碑建立。



ながむとて花にもいたし頸の骨
   宗因

花の雲鐘は上野か浅草か
   芭蕉

ゆく水やなににとどまる乃里(のり)の味
   其角

 文化7年(1810年)6月13日の朝、小林一茶蕉雨と山谷堤から猪牙(ちょき)舟に乗り、浅草寺の鐘の音を聞く。

正岡子規の句碑があった。



観音で雨に逢ひけり花盛

『寒山落木 巻四』(明治二十八年 春)に収録の句。

東京で子規の句碑を見たのは初めてだ。

雷門通りへ。

下 町台東区に戻る