徳川家光ゆかりの地


江戸五色不動

 江戸五色不動とは、目白・目赤・目黒・目青・目黄の各不動尊のことで、 寛永年間(1624−43)の中頃、 徳川三代将軍家光が天海大僧正の具申により、江戸府内の名ある不動尊を指定したと伝える。

目白不動

慈眼寺(東京都豊島区)

目赤不動尊

南谷寺(東京都文京区)

目黒不動

滝泉寺(東京都目黒区)

目青不動

最勝寺(東京都世田谷区)

目黄不動

最勝寺(東京都江戸川区)

目黄不動

永久寺(東京都台東区)

徳川家光ゆかりの地に戻る