2022年京 都

二条城〜二の丸御殿
indexにもどる

京都市中京区二条通堀川西入二条城町に二条城がある。

日本100名城No.53である。

東大手門(重要文化財)


世界遺産二条城

慶長8年(1603年)に徳川家康が築いた城である。寛永3年(1626年)、3代将軍家光の時に後水尾天皇を迎えるため大規模な拡張を行なった。慶応3年(1867年)には15代将軍慶喜が政権を天皇に返上する「大政奉還」を決意した歴史的な場所である。明治17年(1884年)からは皇室の別邸として利用され、昭和14年(1939年)に京都市がゆずり受け現在に至っている。平成6年(1994年)にユネスコにより「古都京都の文化財」の一つとして、世界文化遺産に登録されている。

京都市

番 所


寛永3年(1626年)の行幸を描いた寛永行幸絵図のこの位置に番所が描かれているが、現在の建物は、寛文3年(1663年)に建てられたことが分かっている。平時の二条城は、幕府から派遣された「二条在番」と呼ばれる武士たちが宿直・警護していた。1組50人の在番が2組常駐し、この番所は彼らの詰所の一つとなっていた。城内にはこの他、唐門前、北大手門周囲、西門周囲等、計12棟の番所がありまったが、現在残っているのはここだけである。全国でも番所が現存する城は江戸城丸亀城等わずかしかなく、貴重な建物である。

重要文化財唐門


寛永3年(1626年)の寛永行幸に際し、その前年に建てられた。屋根の前と後に、優美な曲線を描く「唐破風」が付けられていることから唐門と呼ばれる。格式が最も高く、御所や内裏では御幸門とも呼ばれる。柱から上の空間すべてに彫刻が入っており、鶴や亀、松竹梅、蝶に牡丹など長寿や吉祥を象徴する彫刻が多いが、龍に虎、唐獅子等の霊獣と考えられる彫刻も多く、唐獅子は全部で10頭もいる。聖域を守護する霊獣の多さは、貴賓を迎える門にふさわしい。

屋根の後


国宝二の丸御殿


二の丸御殿は、将軍上洛の際の居館として、徳川家康により江戸初期の慶長8年(1603年)に造営され、寛永3年(1626年)、後水尾天皇行幸にそなえて、3代将軍家光の代に改造が行なわれ、現在の姿となった。慶応3年(1867年)には、15代将軍慶喜により、大政奉還の発表が行なわれた。御殿は全6棟の建物からなり、江戸初期に完成した住宅様式である書院造の代表例として日本建築史上重要な遺構であり、江戸城、大坂城、名古屋城の御殿が失われた今日、国内の城郭に残る唯一の御殿群として昭和27年(1952年)国宝に指定された。内部を飾る障壁画は日本絵画史上最大の画派である狩野派により描かれた。現存画数は2000面を超え、そのうち1016面が国の重要文化財に指定されている。訪問者を迎える壮大な壮大な遠侍から、公式な対面所である大広間へと、さらには将軍が普段くつろぐ白書院へと、各棟、各部屋は機能に合わせて規模としつらえを異にしている。

釣 鐘


鐘は京都所司代屋敷で火事等の緊急事態を周辺に知らせるために使われていた。京都所司代とは主に朝廷や大名を取り締まっていた江戸幕府の出先機関である。京都所司代屋敷は二条城の北に隣接して3ヶ所あり上屋敷・堀川屋敷・下屋敷(千本屋敷)と呼ばれていたが、これらは下屋敷で使われていたものである。慶応3年(1867年)に京都所司代が廃止された後、二条城に移されたと考えられる。

二の丸庭園へ。


特別名勝二の丸庭園


慶長8年(1603年)の築城時に作られ、寛永3年(1626年)に作事奉公・小堀遠州のもとで改修された庭園。この時期の城郭には、居住のための御殿と共に豪華な庭園が作られた。二条城の他には名勝名古屋城二の丸庭園、名勝和歌山城西之丸庭園、名勝旧徳島城表御殿庭園が残っているが、いずれも火災等で御殿が失われているため、二条城は御殿と庭を一体的に観賞することができる我が国で唯一の事例である。この庭園は、公的な領域である大広間の西面、将軍に近しい人々の対面所として用いられた黒書院の南面に位置する。かつて後水尾天皇の接遇の為に設けられた行幸御殿が園池の南側に建てられ、庭園の四方は回廊と建物で囲まれた状態にあった。行幸の後、御殿は移築されると同時に、将軍家による利用が減じて荒廃したが、明治以降にソテツを含む植栽の整理・補植が行われた。

本丸へ。

2022年京 都〜に戻る