下 町台東区
indexにもどる

上野公園〜時の鐘〜

上野公園の精養軒の近くに「時の鐘」がある。


時の鐘


時の鐘

花の雲鐘は上野か浅草か

芭蕉が詠んだ句はここの鐘のことである。

 時の鐘は、はじめ江戸城内で撞かれていたが、寛永3年(1626年)になって、日本橋石町3丁目に移され、江戸市民に時を告げるようになったという。元禄以降、江戸の町の拡大に伴い、上野山内・浅草寺のほか、本所横川・芝切通し・市谷八幡・目白不動・目黒円通寺・四谷天竜寺などにも置かれた。

 初代の鐘は、寛文6年(1666年)の鋳造。銘に「願主柏木好古」とあったという。その後天明7年(1787年)に谷中感応寺(現、天王寺)で鋳造されたものが、現存の鐘である。正面に「東叡山大銅鐘」、反対側には「天明七丁未歳八月」、下に「如来常住、無有変易、一切衆生、悉有仏性」と刻まれている。

 貞亨4年(1687年)、芭蕉44歳の時の句。芭蕉が聞いたのは「初代の鐘」ということになる。

 現在も鐘楼を守る人によって、朝夕6時と正午の3回、昔ながらの音色を響かせている。

迂闊なことに鐘の音を聞いた覚えがない。

明治29年(1896年)、子規は鐘楼を句に詠んでいる。

   上野 九句

花の山鐘楼ばかりぞ殘りける

『寒山落木』(巻五)

 小松宮彰仁(あきひと)親王銅像の所でまだ2月だというのに桜が咲き始めていた。



小松宮彰仁親王銅像

 彰仁親王は伏見宮邦家親王第8王子。安政5年(1858年)京都仁和寺に入って純仁法親王と称し、慶応3年(1867年)勅命により22歳で還俗、東伏見宮嘉彰と改称した。同4年1月の鳥羽・伏見の戦いに、征東大将軍として参戦。ついで会津征討越後口総督になり、戊辰戦争に従軍した。

 明治10年5月、西南戦争の負傷者救護団体として、博愛社が創立されると、9月その総長に就任した。同15年には小松宮彰仁親王と改称。同20年、博愛社が日本赤十字社と改名すると、総裁として赤十字活動の発展に貢献した。同36年1月18日、58歳で没。

 銅像は明治45年2月に建てられ、同3月18日、除幕式が挙行された。作者は文展審査員の大熊氏廣。『下谷區史』は当地に建てた理由について、寛永寺最後の門跡・輪王寺宮公現法親王(のちの北白川宮能久親王)の兄宮であったことに因んだのだろうと推察している。

噴水の近くでは桜がきれいに咲いていた。


うへのゝ花見にまかり侍しに、人々幕打さは(わ)ぎ、ものゝ音、小うたの声さまざまなりにける。かたはらの松かげをたのみて

四つごきのそろはぬ花見心哉
   芭蕉


下 町台東区に戻る