下 町
indexにもどる

小塚原刑場跡〜首切地蔵〜

JR常磐線南千住駅下車。

JR常磐線と東京メトロ日比谷線の間に小塚原刑場跡がある。


 江戸のお仕置き場(刑場)は、品川の鈴ヶ森と千住の小塚原の2つである。

 小塚原の刑場は、間口60間余(約108m)、奥行30間余(約54m)で、明治のはじめに刑場が廃止されるまでに、磔、斬罪、獄門などが執行された。

 首切地蔵は、この刑死者の菩提をとむらうため、寛保元年(1741年)に建てられたものである。

荒川区教育委員会

 明和8年(1771年)、蘭学者杉田玄白・前野良沢らは小塚原刑場において刑死者の解剖(腑分け)に立ち合った。

荒川区指定文化財小塚原の首切地蔵


 小塚原での刑死者の菩提をとむらうため、寛保元年(1741年)に建立されたこの地蔵は、27個の花崗岩を組み合わせた全体の高さが4mに近い坐像で、台座には発願者・石工の名が刻まれている。奥州街道沿いにあったので、江戸に出入りする多くの人が目にしたという。明治28年(1895年)に土浦線(現常磐貨物線)敷設工事のため、線路の南側から現在地に移されたが、人々に安らぎを与えてきた慈悲の姿は変わるところがない。

文化7年(1810年)8月10日、小林一茶はさらし首のことを書いている。

 十日 折々雨

 去五月廿二日 町奉行所 小田切ノ白州ニテ三人切殺シタル金エ衛門小塚原ニて梟首 四十六

『七番日記』(文化7年8月)

首切地蔵


   小塚原

科札に天先時雨給ひけり

『七番日記』(文化11年11月)

科札(とがふだ)は罪状を公示した高札。

JR常磐線の線路を挟んで、小塚原回向院がある。

 1667年、小塚原刑場で処刑された人々を供養するため、両国回向院の別院として小塚原回向院が創建された。

 安政6年(1859年)10月27日朝、吉田松陰は死罪を申し渡され、同日午前10時に伝馬町牢屋敷で刑が執行される。松陰は罪人として回向院に葬られた。

 文久3年(1863年)、吉田松陰の墓所は高杉晋作らによって世田谷区若林に改装される。

小塚原回向院に吉展地蔵尊がある。

吉展地蔵尊


吉展ちゃんを供養するため、建立された。

吉展ちゃんの遺体発見現場である円通寺には子育地蔵尊がある。

下 町に戻る