中村草田男


草田男の句

『長子』

   春

   歸郷   二十八句

貝寄風に乘りて歸郷の船迅し

夕櫻城の石崖裾濃なる

春の月城の北には北斗星

   松山中學校にて

燒跡のこゝが眞中の春日差

   

啓蟄の運動場と焦土のみ

   

燒跡や雀雲雀の聲遠し

   松山高等學校にて

昔日の春愁の場(には)木々伸びて

   

花圃いまも水栓漏るゝ音ばかり    松山城北高石崖にて

町空のつばくらめのみ新しや

   石手寺にて

夕風や乞食去りても遍路來る

   松山赤十字病院にて

花の窓營所へ兵の歸る見ゆ

   

病院のユーカリにほふ春の闇

   夏

蟾蜍長子家去る由もなし

   仁和寺にて

ふと凉ししきゐを越ゆる仁王門

ハマナスや今も沖には未來あり

   再び歸省、松山城にて

炎天の城や四壁の窓深し

   

炎天の城や雀の嘴(はし)光る

   秋

秋の航一大紺圓盤の中

   北海道旅中

野明りやあちらこちらへ鴨わたる

   冬

冬の水一枝の影も欺かず

永く居て薄き秋日にあたゝまる

降る雪や明治は遠くなりにけり

   於鶴見總持寺斷食

我と軍人寒夜の生徒統べて寢る

   

北窓も寒夜の音も遠し遠し

萬緑の中や吾子の齒生え初むる

『火の島』

霧うすき小諸城址に入らんとす

子を負ひし人いくたりか霧に遊ぶ

蝉咽ぶ他郷信濃の古城址に

『銀河依然』

   兼六公園にて

梢ごし旅に見下ろす運動會
   芝山湖にちかく街道に沿ひて首洗池なる小池あり。
   齋藤實盛の首級を得たる手塚太郎光盛、そが相貌
   は實盛なるに頭髪黒きを怪みて此池に洗ふに、む
   ざんにも白髪あらはれきたりしとぞ。現在池中に
   碑を樹つ。

青蘆が松の枯枝に丈とどく

青蘆の髪のみだれに日の光

青蘆密に齡を映す水面なし

   「奥の細道」の旅に於ける芭蕉の「石山の石より
   白し秋の風」の吟をのこせる那谷寺に詣づ。

柿落花石山への道すでに白

石山仰ぐ白き夏日の路溜(みちだま)

石山の面(おも)に夏木の枝揺る影

芭蕉の旅路森へ抜けけん巖すずし

石山裾むかしを繋ぎ花菖蒲

   我居所より程遠からぬ三鷹禪林寺内に、太宰治
   氏の新墓あるを訪ふ。三句

春の愚者奇妙な賢者の墓を訪ふ

居しを忸怩と墓發つ鴉合歡の芽枝

南京豆墓前に噛み噛み未成年

   信濃追分淺間神社の境内に、芭蕉の「吹きとばす
   意志は淺間の野分かな」の句碑遺る。

大緑蔭中に碑巖は根を下ろす

碑巖の上に下枝太さや蝉の晝

碑巖に凭(もた)れうしろおそろし蝉の聲

眼つりし野分の芭蕉いまの蝉

   栗林公園にて 三句

寒水の緋鯉よきのふの癩の島よ

大名・明治三度び代かはる林泉(しま)紅葉

癩者見し新酒美酒飲む人も見し

歴史は胸裡に冬の屋島に木々深し

   蔦温泉にて 二句

桂月晩年眼鏡さはやかなりし此所

谷湯宿屋根を繕ふひびかして

   同温泉附近の桂月翁墓域にて 二句

殘暑の墓老若男女遠拜み

きりぎりす同音重ね桂月調

『母郷行』

   三井寺にて

寺清水もつれ流れて末濁らず

露の鐘鳴るとき母よ子を信ぜよ

國の勢ひは山々へ退(の)き蝉の寺

   大津、圓滿院にて

羊齒多き林泉白雨突如せはし

明治帝の若かりし玉座白雨の前

探幽描くは芭蕉へ母のかくれん坊

   幻住庵址にて

蝉聲ほのぼの「三曲二百歩」一段づつ

いちめんに呼名「落穂」の松落葉

『美田』

   保美の里

訪はれし人訪ひし人いま麦の縞

   一寺の境内に、保美に於て巻きたる芭蕉、越人、
   杜国三吟歌仙の冒頭三句を刳りたる句碑残れり。

碑の冬苔杜国の句のみ色に流れ

四季薔薇や産後の老猫日の石に

   「野菊の墓」の映画化されたものを観る。

川波さへ強きにすぎて初野菊

   鳳来寺山にて

仏法僧子泣く熱風呂すぐ埋めよ

『時機』

昭和34年

   高浜虚子先生告別式の翌日に

雲かけて萌えよと巨人歩み去る

昭和35年

   高崎市に遊び、鬼城翁勤務先の裁判所を訪ふ

山頂観音浅山なれど雉子の声

昭和36年

   河野静雲氏に東道せられて太宰府を訪ひ、次いで観世音寺
   に至り、傍なる戒壇院に鑑真和尚の坐像安置せらるるを拝
   す。渡日海上汐風に盲ひ給ひしおもかげを、唐招提寺に安
   置せらるる乾漆像に偲びて、芭蕉翁が「若葉して御目の雫
   拭はばや」と詠進せる作品は世人の耳に熟するところなり。
   こは大和に赴任せらるる以前、この地に於て布教に従はれ
   し頃の姿にして、木彫像なれども、安泰と悲哀との相を兼
   備へたり

瞼にひそむ雲雀音(ひばりね)頬は築地色

   太宰府への往復の車窓より指さされて、杉田久女氏終焉
   地なる一建物の姿を仰ぐこと二回に及ぶ。

紫雲英(げんげ)野に敢えて丘あり狂院載せ

丘の狂院若葉とて木々けじめなく

   都府楼址花鳥山に隣接の土地、静雲翁その他の俳友と訪
   れて、しばしの時間をそこに過ごす。

金鳳華礎石一切瞭然たり

   天の川の下に天智天皇と臣虚子と」なる先師の句を誌し
   たる碑の前に佇む。

その師も逝きぬ昼の銀河と時茫々

『大虚鳥』

昭和38年

   松山市中の南端を流るる「中の川」のほとりに佇む。五歳の
   頃に住みし家は戦災に失せて、敷地は道路と化せり。

流るる秋糸で曳く舟烏賊の甲

   四歳の頃に住みし郊外の漁村なる「松前町」、故宅のほとり
   は昔日のままの俤を残す。

釘の出し路次路次抜けつ浜祭

   詩仙堂を訪ふ。二句。

白砂(はくさ)を治め山茶花落花のみ掃くらん

吐月峰鳴らす者なく丸炭火

   「去来の墓」にて。

「詩人はいのち墓は塊(いしくれ)」妻の語冴ゆ

   松山、六歳頃の旧居のほとりなる「立花神社」にて。

炎天老婆髪はもとより爪白く

昭和39年

   戸隠、宝光社の宮司京極家に二泊す。同家の子息は、わが勤
   務先なる成蹊学園においての同僚なり。

山坊すずし古屏風画中真紅の日

   附近の村社の境内に、この地を西行法師訪れたることありし
   との伝説の附帯せる「西行桜」なる古樹一株あり。

葉桜の西行桜へやや道草

   中社にて。

ほととぎす羽根ある不動明王像

昭和40年

   平泉にて。二句。

夏野行く相語るとき横に並み

興亡やただ一と夏の七変化(ななへんげ)

   伊賀上野なる芭蕉生家を訪ふ

(まさ)しう聞きぬ呱々の声又秋の声

昭和42年

   遥かなる以前にも、一と度その場所に到りて句作せしことあ
   りし追分町の浅間神社を久し振りにて訪ふ。「吹飛ばす石は
   浅閧フ野分かな」の芭蕉句を彫りつけたる一丈になんなんと
   する巨巌一基聳ゆ。折から激しき雷雨の来襲あり。二句。

日輪も転(まろ)ぶ浅間の雷雨かな

詩巌の脊紫電に撃たれ濃いむらさき

   追分町の奥、浅間の山腹なる真楽寺を訪ふ。同寺は慶長年間
   の建立と伝承さる。三句。

他郷更に遠く野菊へ来りけり

旧盆や雲の端(は)にさざれ雲

浅間なぞへの棚村道や遠稲妻

昭和44年

   敦賀市、気比神社にて。同社は遊行上人と縁故ふかき場所なり。

六月や砂で嘴拭く宮雀

   伊良湖岬遠望。

鷹来る季(とき)金波治まりいま銀波

昭和45年

   石田波郷氏急逝の通夜の席上にて、次の即吟二句を誌して霊
   前に供ふ。

最後まで黒髪男の子椿邸

満庭の椿樹の花序を訊はまくも

昭和48年

   俳人自照。三句。

初烏大虚鳥こそ光あれ

初烏大虚鳥こそ天翔けれ

初烏大虚鳥の声限り

昭和49年

   法隆寺にて。

夢殿の夢の扉(とぼそ)を初日敲(う)


中村草田男に戻る