旅のあれこれ


『五足の靴』(五人づれ著)

 明治40年(1907年)7月28日から8月27日まで、与謝野寛北原白秋、木下杢太郎、吉井勇、平野万里の5人で九州西部を中心に約1ヶ月の旅した。

厳島神社〜7月30日〜

(広島県廿日市市)

川丈旅館〜7月31日〜

(福岡県福岡市)

北原白秋生家〜8月1日〜

(福岡県柳川市)

佐賀城〜8月3日〜

(佐賀県佐賀市)

唐津駅〜8月4日〜

(佐賀県唐津市)

近松寺〜8月4日〜

(佐賀県唐津市)

鏡山神社〜8月4日

(佐賀県唐津市)

鏡山展望台〜8月4日

(佐賀県唐津市)

虹の松原〜8月4日

(佐賀県唐津市)

佐世保〜8月5日〜

(長崎県佐世保市)

亀岡公園〜8月6日

(長崎県平戸市)

富岡城〜8月8日

(熊本県天草市)

大江天主堂〜8月9日

(熊本県天草市)

島原市街〜8月11日

(長崎県島原市)

上熊本駅〜8月12日

(熊本県熊本市)

水前寺〜8月15日

(熊本県熊本市)

三柱神社〜8月17日〜

(福岡県柳川市)

徳応寺〜8月18日〜

(山口県徳山市)

旅のあれこれに戻る