2016年長 崎

佐世保〜「五足の靴」〜
indexにもどる

JR九州佐世保線佐世保駅下車。

佐世保駅はJRグループ全駅中最西端の駅。


一期一會

すばらしい人生ではないかもしれない

しかし素晴らしい生き方はできる

佐世保市三浦町の国道35号沿いにカトリック三浦町教会があった。


明治32年(1899年)、谷郷町に佐世保教会設立。

昭和6年(1931年)12月、現在地に教会が完成。

佐世保市下京町の京町児童公園に「五足の靴文学碑」があった。


 明治40年(1907年)8月5日、与謝野寛、平野万里、吉井勇、木下杢太郎、北原白秋の5人は、唐津から佐世保に向かった。

 汽車から降りた五人は、予期に反して、この街の汚いのと淋しいのに驚きながら、平戸行きの汽船を尋ねて、海岸の方へ足を運んだ。石の橋を渡って直ぐの回漕店で聞いて見ると、若い者は港の彼方を眺めて、『ああ、最早出てしまいました』という。五人は仕方なしに、明日の船を待って宿屋に投じた。

「五足の靴」

「宿屋」は「京屋旅館」。京町児童公園の前にあったそうだ。

夜店公園にも「五足の靴文学碑」があった。


 明治40年夏、与謝野寛、平野万里、吉井勇、木下杢太郎、北原白秋の5人の歌詩人が九州旅行の途中、佐世保を訪れた。その旅行記が「五足の靴」である。5人は佐世保で1泊し、この地に夜店がたち並ぶ様子を見て、与謝野寛(鉄幹)が即興詩を口吟した。

ランプの明かり、カンテラの
灯かげ煙れるせりうりの
夜店の中に、一段と
聲はりあぐる瀬戸物屋。

「早來い、早來い、品物は
みんな廉か。」といそがしく
左のふときてのひらを
握りこぶしに打叩く

「この花いけは有田焼、
買はっせ、買はっせ、そら貮圓。
廉か。」と呼べど、群集は
冷然として澆り見る。

「貮圓、壹圓五十錢、
七十五錢、四十錢、
ああ、負けましょ、二十錢。」
赤き襷を汗ばしる。

わが賣る品のあたひをば
恥づる色なく、おのれから
下げて手を打つ、あはれなる
佐世保の街の瀬戸物産。

更にあはれむ。汝が妻は
死にか別れし、みそかをと
はたや逃げたる。三十の
男ざかりのやもめずみ。

後ろを見れば、竹たてて
夜露に吊すハンモック
眠りてありぬ、青白き
五才ばかりの娘の兒。

   明治四十年八月五日
      与謝野鉄幹

2016年長 崎〜に戻る