2011年静 岡

浜松城跡〜若き日の徳川家康公〜
indexにもどる

浜松は元曳馬(ひくま)という地名だった。

弘安2年(1279年)10月22日、阿仏尼は引馬の宿に泊まっている。

 今宵は、引馬(ひきま)の宿といふ所にとゞまる。此所の大方の名は、浜松とぞ言ひし。親しといひしばかりの人々なども住む所なり。住み来し人の面影も、さまざま思ひ出られて、又めぐりあひて見つる命の程も、返々(かへすがへす)哀なり。

   浜松の変らぬ影を尋ね来て見し人なみに昔をぞ問ふ

其世に見し人の子孫(こうまご)など呼び出でてあひしらふ。


浜松に来たのだから浜松城跡に立ち寄ってみた。


入場料は150円。

たまたま県民の日で、無料だった。

浜松城


浜松城は徳川家康が遠州攻略の拠点として築いた城で、元亀元年(1570年)6月に入場し、17年間在城した。東西600メートル、南北650メートルの規模で、南の東海道に大手門が開き、東から西へ三之丸、二之丸、本丸、天守台と連なり、順次高さを増す。ここは、その天守曲輪の跡である。家康の後、城主は代々普代の大名が勤め、在城中に老中まで栄進した人が多い。中でも水野越前守忠邦の名はよく知られている。石垣は野づら積みと呼ばれる堅固な作りで、古い石垣の特徴をよく残しており、浜松市の史跡に指定されている。

 浜松市

浜松は出世城なり初松魚   十湖

大井川河川敷に句碑がある。

若き日の徳川家康公


銅像撰文

徳川家康公は天文11年(1542年)三河国岡崎城内に誕生した。父は松平広忠、母に生別、駿府に少年時代を過ごしたが、岡崎に戻り独立の一歩を踏み出した。元亀元年(1570年)遠江国へ進出、浜松に築城し、ここを根拠として着々と地歩を固めた。その間17年、武田信玄のために大敗を喫した三方原合戦、正室築山殿嫡男信康を一時に失うような家庭危機に遭遇したが、隠忍自重よくこれを克服し、東海を制圧、その領国は遠江・三河・駿河・甲斐・信濃の五カ国に及び、海道一の弓取りと武名を馳せるにいたった。そして常にこれを支えたものは浜松の地の利と人心の和であった。浜松より駿府へ、さらに江戸に移り、江戸幕府を開き、260余年の泰平の基礎を固めたが、やがて駿府に退隠、元和2年(1616年)薨じた。乱世を生きぬいた努力と忍苦の75年であった。像は浜松時代の若き日の公の姿。手にしたのは勝草と呼ばれためでたい歯朶である。

   昭和56年12月20日

 享和元年(1801年)3月3日、大田南畝は大坂銅座に赴任する旅で浜松に入る。

浜松の城には馬込川をわたりていれり。城下の賑ひよのつねならず。板屋町・田町・神明町・伝馬町・旅籠町などたてつゞきたり。井上河内守の城なり。


 嘉永4年(1851年)3月29日、吉田松陰は藩主に従って江戸に向かう途中、舞坂から松並木を抜けて浜松に泊まる。

列松の間を穿つこと三里、濱松に宿す。井上河内守の居る所なり。


2011年静 岡に戻る