種田山頭火の句碑


山 口  ・ 香 川  ・ 愛 媛  ・ 大 分  ・ 宮 崎

種田山頭火の旅



墓がならんでそこまで波がおしよせて

美々津町(宮崎県日向市)



こほろぎに鳴かれてばかり

(宮崎県宮崎市)


   

水の味も身にしむ秋となり
   
うまい匂ひが漂ふ街も旅の夕ぐれ

宮崎市橘通り西(宮崎県宮崎市)



霧島は霧にかくれて赤とんぼ

高崎新田駅(宮崎県都城市)



旅のすゝきのいつ穂にてたか

えびの市立図書館(宮崎県えびの市)



このいたゞきに来て萩の花ざかり

老人福祉センター(宮崎県えびの市)



ありがたや熱い湯のあふるるにまかせ

京町温泉広場(宮崎県えびの市)



水の味も身にしむ秋となり
ここに白髪を剃りおとしてさる
誰もゐないでコスモスそよいでゐる

飫肥城下町(宮崎県日南市)



鵜しきりに啼いて何を知らせる

鵜戸神宮(宮崎県日南市)

種田山頭火の句碑に戻る