種田山頭火の句碑


山 口  ・ 香 川  ・ 愛 媛  ・ 大 分

種田山頭火の旅



咳をしても一人
  放哉

その松の木のゆふ風ふきだした
  山頭火

西光寺(香川県小豆郡土庄町)



そのかみのおもひての海は濁りて

旧志度街道(香川県さぬき市)



月の黒鯛ぴんぴんはねるよ

志度寺(香川県さぬき市)



鳴いても山羊はつながれてひとり

尽誠公民館(香川県さぬき市)



酒のうまさとろとろ虫鳴く



歩く、飲む、作る、

水を飲むやうに酒を飲む

旧「森屋酒店」(香川県さぬき市)



春風のちよいと茶店ができました



水ちろちろ柄杓もそへて



てふてふひらひらいらかをこえた

長尾寺(香川県さぬき市)


   

歩々到着
   
人生即遍路


 

こんなにうまい水があふれてゐる
 
うれしいこともかなしいことも草しげる

「つぼみ荘」(香川県さぬき市)



しぐるるやしぐるる山へ歩み入る

うしろ姿のしぐれてゆくか



   行乞途上

秋ふかみゆく笈もぴったり身について



草が咲くかまゝのてふてふ



もう一杯の柄杓どの


   

歩々到着
   
うれしいこともかなしいことも草しげる


   

まつたく雲がない笠をぬき
   
音はしくれか



うどん供へて母よわたしもいたゞきまする



このみちをゆくよりほかない草のしげくも

宗林寺(香川県さぬき市)



ここが打留の水があふれてゐる

大窪寺(香川県さぬき市)

種田山頭火の句碑に戻る