2006年下 町

永久寺〜目黄不動〜
indexにもどる

東京メトロ日比谷線三ノ輪を出ると、明治通り沿いに永久寺があった。


天台宗の寺である。

永久寺に目黄不動があった。


目黄不動(めきふどう)

台東区三ノ輪2丁目14番5号 永久寺

 目黄不動は、江戸五色不動の1つとして知られている。 江戸五色不動とは、目白・目赤・目黒・目青・目黄の各不動尊のことで、 寛永年間(1624−43)の中頃、 徳川三代将軍家光が寛永寺創建で知られる天海大僧正の具申により、江戸府内の名ある不動尊を指定したと伝える。

 不動明王は、密教ではその中心仏とされる大日如来が、悪を断じ、衆生を教化するため、外には忿怒の形相、内には大慈悲心を有する民衆救済の具現者として現れたとされている。 また、宇宙のすべての現象は、地・水・火・風・空の五つからなるとする宇宙観があり、これらを色彩で表現したものが五色といわれる。

 不動尊信仰は、密教がさかんになった平安時代初期の頃から広まり、不動尊を身体ないしは目の色で描きわけることは、平安時代(784−1179)すでに存在したという。

   平成10年3月

台東区教育委員会

 江戸五色不動は、東京の目黒不動目白不動目赤不動目青不動、目黄不動の5種6ヵ所の不動尊。

昭和12年(1937年)6月22日、永井荷風は目黄不動の祠を見る。

日本堤を三ノ輪の方に歩み行くに、大關横町と云ふバス停留場のほとりに永久寺目黄不動の祠あるを見る。香烟脉々たり。


目黄不動は、なぜか江戸川区の最勝寺にもある。

2006年下 町〜に戻る