旅のあれこれ文 学


柳原極堂ゆかりの地

 慶応3年(1867年)2月11日、伊予国温泉郡北京町(現:松山市二番町)に生まれる。

 明治16年(1883年)、正岡子規と謀って松山中学を中退し上京。

 明治20年(1887年)、子規は極堂とともに大原其戎を訪ね教えを受けた。

 明治22年(1889年)、松山に戻り海南新聞社に入社。

 明治28年(1895年)9月20日、子規は漱石の愚陀佛庵で療養していたが、この日はじめて散歩に出た。極堂が一緒だった。『散策集』

 明治30年(1897年)1月、極堂は松山で俳誌『ホトトギス』創刊。

   明治三十年一月・柳原極堂、松山に「ほとゝぎす」を發刊す。祝句。

時雨木枯のあれあれて生れ出しもの

『贈答句集』

 昭和元年(1926年)3月10日、子規堂を設置。

 昭和8年(1933年)、2月6日、正宗寺失火、子規堂類焼。

 昭和9年(1934年)、飯坂温泉、仙台、松島に遊ぶ。

 昭和10年(1935年)9月14日、子規堂再建。

 昭和15年(1940年)2月15日、道後湯之町放生池畔に春風やふね伊豫に寄りて道後の湯」の句碑を建立。

 昭和20年(1945年)7月26日、空襲により子規堂焼失。

 昭和20年(1945年)、柳原極堂は洗心庵址観音堂に仮寓。

   洗心庵二句

老松にあやかり住むや老の冬

時雨るゝも晴るゝも庵の一つ松

『草雲雀』(「日記」より)

緑蔭に靜にありて壽(いのちなが)

松山にある柳原極堂翁が八十になられた賀の祝に。翁がホトトギスを松山で創刊されたのを東京で父が明治三十一年に引継いだ。子規居士と同年。昭和三十二年十月七日(陰暦八月十四日)歿。「十四日月明らかに君は逝く」と父は贈つてゐる。

『虚子一日一句』(星野立子編)

 昭和21年(1946年)12月19日、子規堂を建設。

   子規堂再建

堂再建芽吹かん木々は皆燒けて

『草雲雀』(「日記」より)

 昭和25年(1950年)7月1日、中西月龍は極堂の句碑を建立。



月に佇つ我に月見の人往来

 昭和26年(1951年)9月19日、松山市役所にて子規居士五十年祭。

   子規居士五十年祭

感無量まだ生きて居て子規祭る

『草雲雀』(「日記」より)

 昭和27年(1952年)10月10日、荻原井泉水は柳原極堂を訪ねる。

 昭和28年(1953年)4月26日、道後公会堂にて米寿の祝賀会。

   米壽祝賀會自祝

手のひらにいたゞく春の光哉

『草雲雀』(「日記」より)

 昭和29年(1954年)、句集『草雲雀』を刊行。

昭和32年(1957年)10月7日、90歳で没。

十月七日 柳原極堂死す(陰暦八月十四日 子規の逝きたるは同じく陰暦十七日なりし)

 十四日月明らかに君は逝く


   柳原極堂翁を悼む(十月七日)

その声のはたと消えたる秋深し

高浜年尾『句 帖』

 昭和50年(1975年)5月、竹内光彦は極堂の句碑を建立。



神の國みづほの久にや秋祭

 昭和50年(1975年)6月、盛景寺に極堂の句碑を建立。



化けて来し狸と秋を語りけり

 昭和53年(1978年)11月、西山興隆寺に極堂の句碑を建立。



雨だれの音もそひきて夜寒かな



神の國みづほの久にや秋祭

川之江八幡神社(愛媛県四国中央市)

手をかざす金子城址や秋くもり

神野氏宅(愛媛県新居浜市)

老の春晴れかましくも九十一

慈光園(愛媛県新居浜市)

いつまでも忘れじ秋のこの旅を

滝の宮公園(愛媛県新居浜市)

分け往けば道はありけりすゝき原


萩すゝき一系千代子のすがたかな


合田氏宅(愛媛県新居浜市)

雨だれの音もそひきて夜寒かな

西山興隆寺(愛媛県西条市)

瀬戸渦のとけては流れ春の潮

糸山公園(愛媛県今治市)

舟涼し朝飯前の島めぐり

鹿 島(愛媛県松山市)

春風やふね伊豫に寄りて道後の湯

閑林園(愛媛県松山市)

木の屑を焚いて佛師や秋の雨

太山寺(愛媛県松山市)

感無量まだ生きて居て子規祭る

妙清寺(愛媛県松山市)

柿の木に鶯鳴くや石手村


石手寺の塔が見えをり野茨道


秋川邸(愛媛県松山市)

春風やふね伊豫に寄りて道後の湯

道後温泉(愛媛県松山市)

湯の町の見えて石手へ遍路道

俳句の道(愛媛県松山市)

城山や筍のびし垣の上

萬翠荘(愛媛県松山市)

こゝろざし富貴にあらず老の春

興聖寺(愛媛県松山市)

我春や佛心生じ鬼心消ゆ

法龍寺(愛媛県松山市)

正宗寺

(愛媛県松山市)

花に来て寺の田楽よばれけり

龍穏寺(愛媛県松山市)

吾生ハへちまのつるの行き處

井手神社(愛媛県松山市)

月に佇つ我に月見の人往来

観月庵句碑庭園(愛媛県松山市)

村上霽月邸跡

(愛媛県松山市)

吹可れ来て鴉の下里し野分哉

義農神社(愛媛県伊予郡松前町)

化けて来し狸と秋を語りけり

故門田一貴宅(愛媛県伊予市)

化けて来し狸と秋を語りけり

盛景寺(愛媛県伊予市)

旅のあれこれ文 学に戻る