旅のあれこれ文 学


芥川龍之介ゆかりの地

 明治25年(1892年)3月1日、芥川龍之介は京橋区入船町8丁目1(現:中央区明石町10)に「耕牧舎」の経営者新原敏三の長男として生まれる。生誕7ヶ月にして母の長兄芥川道章に引き取られ、本所小泉町(現:墨田区両国3丁目)に移る。12歳の時、芥川家の養子になる。

 明治38年(1905年)、東京府立第三中学校に入学。

 昭和2年(1927年)7月24日、35歳で自害。

 昭和18年(1943年)、文藝春秋社は芥川龍之介にちなんで「芥川賞」を設けた。

田端文士村記念館

(東京都北区)

ポプラ坂

(東京都北区)

芥川龍之介生育の地

(東京都墨田区)

芥川龍之介文学碑〜『杜子春』〜

両国小学校(東京都墨田区)

芥川龍之介文学碑〜「大川の水」〜

両国高校(東京都墨田区)

上野精養軒

(東京都台東区)

芥川龍之介生誕の地

(東京都中央区)

『蜜柑』の碑

吉倉公園(神奈川県横須賀市)

修善寺温泉「新井旅館」

(静岡県伊豆市)

上高地

(長野県南安曇郡安曇村)

上高地温泉「上高地温泉ホテル」

(長野県南安曇郡安曇村)

四海楼

(長崎県長崎市)

旅のあれこれ文 学に戻る