下 町墨田区
indexにもどる

白鬚神社〜加舎白雄の句碑〜

向島百花園を出ると、墨提通り沿いに白鬚神社がある。


 天暦5年(951年)に慈恵大師が関東に下った時に、近江国比良山麓に鎮座する白鬚大明神の御分霊をここにまつったと、社殿の記録は伝えている。

白鬚神社


祭神は猿田彦命。

隅田河堤の下にあり。祭神は猿田彦命なり。祭礼は九月十五日に執行(しゆぎやう)せり。別当は真言宗にして西蔵院と号く。相伝ふ。天暦五年辛亥慈恵大師関東下向の頃、霊示によりて近江国志賀郡打下よりこの地に勧請し給ふとなり。天正十九年に至り神領を附し給ふ。
『江戸名所図会』(白髭明神社)

慈恵大師は、第十八代天台座主良源。元三大師の名で知られる。

白鬚大明神を隅田川七福神の寿老人としている。

 隅田川七福神は多聞寺(毘沙門天)、白鬚神社(寿老神)、百花園(福禄寿)、長命寺(弁財天)、弘福寺(布袋尊)、三囲神社(恵比寿、大国神)の6箇所。

白鬚神社の入口に江戸・東京の農業寺島ナスの案内板があった。

江戸・東京の農業寺島ナス

寺島ナス

 かつて、白鬚神社の周辺は寺島村といいました。元禄郷帳(1688〜1704)によれば、この地域一帯は、水田を主とする近郊農村であったが、隅田川上流から運ばれてきた肥沃な土はナス作りにも適し、ナスの産地として、その名も「寺島ナス」と呼ばれていました。

 享保20年(1735年)の「続江戸砂子温故名跡志」には、「寺島茄子 西葛西の内也。中の郷の先、江戸より一里余」とあり、「夏秋の中の嘉蔬(かそ)とす。」として、江戸近郊の名産であることが記され、また、文政11年(1828年)の「新編武蔵風土記稿」には、茄子として、「東西葛西領中にて作るもの」として「形は小なれどもわせなすと呼び賞美す」とナスの産地だったことを示しています。

   農家は収穫したナスを船を使って、千住や、本所四ッ目、神田の土物店(青物市場)等に出荷していました。江戸時代、悠々と流れる隅田川の東岸。田園地帯であった寺島に、後世に伝えるに値するナスの銘品があったのです。

平成9年度JA東京グループ

白鬚神社にも数多くの碑があった。

そのひとつに加舎白雄の句碑がある。

加舎白雄の句碑


人こひし灯ともしごろをさくら散る

安永元年(1772年)3月、吉野山での作。

初案は「もの恋し火ともしころをちる桜」。

加舎白雄の代表作。

文化10年(1813年)3月、拙堂により建立された。

文化10年は加舎白雄の二十三回忌。

この句の碑は上田城跡公園にもある。

明治32年(1899年)、高浜虚子は白鬚神社を訪れている。

白鬚神社

   梅咲いて白鬚寒き社かな

「半日あるき」

白鬚橋


火灯し頃である。

下 町墨田区に戻る