昔の温泉静 岡

湯ヶ島温泉「眠雲閣落合楼」〜

indexにもどる

 東名高速御殿場ICから国道136号(乙女道路)を通って箱根へ。そこから、いろいろな道を走ったが、国道136号に戻って、狩野川沿いに南下する。

国道136号から国道414号に入り、湯ヶ島温泉へ。


眠雲閣落合楼」に泊まる。


 「眠雲閣落合楼」は創業125年の老舗旅館。有形文化財である。猫越(ねっこ)川と本谷(ほんたに)川が庭内で合流して狩野川となるのを見て、山岡鉄舟(1836〜1888) が「落合楼」と名付けたそうだ。

婦人風呂から洞窟を抜けると、混浴になる。婦人風呂の方へ行く勇気はない。

 明治42年(1909年)、島崎藤村は修善寺温泉から馬車で湯ヶ島温泉へ。「落合楼」に泊まる。

 大正3年(1914年)5月2日、東洋大学の創設者井上円了は大仁駅より馬車で湯ヶ島温泉を訪れ、「落合楼」に宿泊した。

 昭和2年(1927年)7月25日、萩原朔太郎は落合樓で芥川龍之介の自殺を知る。

 七月二十五日、自分は湯ヶ島温泉の落合樓に滯在してゐた。朝飯の膳に向かつた時、女中がさりげない風でたづねた。
「小説家の芥川といふ人を知つてゐますか?」
「うん、知つてる。それがどうした?」
「自殺しました。」
「なに?」

「芥川龍之介の死」

 昭和7年(1932年)11月27日、与謝野晶子は「落合楼」に泊まっている。翌28日、伊東「抛書山荘」に2泊。鉄幹は風邪で同行しなかったそうだ。

 昭和10年(1935年)1月、北原白秋は「落合楼」に20日あまり滞在した。

      昭和十年一月、伊豆湯ケ島温泉落合楼に遊ぶ。淹留二十
      余、概ね渓流に臨む湯滝の階上に起居す。

   黄鶺鴒

行く水の目にとどまらぬ青水泡(あをみなわ)鶺鴒の尾は触れにたりけり

事も無し冬の朝日に岩づたふ黄の鶺鴒の一羽をりつつ

『渓流唱』

 昭和12年(1937年)10月8日、与謝野晶子は伊東「抛書山荘」に2泊。11日、修善寺温泉から浄蓮の滝を訪れ、湯ヶ島温泉「落合楼」に泊まった。翌12日、三嶋大社を参詣。

 昭和31年(1956年)1月4日、水原秋桜子は落合楼に泊まっている。

   落合楼に泊る

鯉あまたひそめる池か藪柑子

炬燵して渓声雨声暮れゆけり

『玄魚』

 「眠雲閣落合楼」は狩野川を挟んで落合楼村上」と「眠雲閣落合」に別れてしまった。

湯ヶ島と言えば、川端康成の『伊豆の踊子』。

昔の温泉静 岡に戻る