2008年長 野

刈萱堂往生寺〜碑巡り〜
indexにもどる

長野県長野市西長野往生地に刈萱堂往生寺がある。


刈萱堂往生寺


往生寺は刈萱上人入寂の地。

刈萱上人のおきつきは処は、善光寺にへたゝること二千弓はかりになん

しくれても紅葉也ーけり往生寺


浄土宗鎮西派の寺である。

刈萱堂往生寺に雪に埋もれて小林一茶の句碑があった。



芭蕉の句碑もあった。



月影や四門四宗もただ一つ

往生寺梵鐘


明治15年(1882年)3月、創建。

大正12年(1923年)、童謡夕焼小焼生る。

昭和17年(1942年)11月17日、應召供出。

昭和26年(1951年)11月18日、梵鐘再鋳。

昭和34年(1959年)4月20日、童謡碑除幕。

「夕焼小焼」の碑があった。


夕焼小焼

書 中村雨紅
作曲  草川 信

夕焼小焼で日が暮れて
  山のお寺の鐘が鳴る
お手手つないで皆帰ろう
  烏と一緒に帰りましょう
子供が帰った後からは
  圓い大きなお月さま
小鳥が夢を見る頃は
  空にはキラキラ金の星

草川信(1893−1948)は長野市松代出身。東京音楽学校卒業。

刈萱堂往生寺の丘の上に藤村碑があった。

藤村碑


2008年長 野〜に戻る