旅のあれこれ文 学


柳田國男ゆかりの地

『利根川図志』

 明治23年、柳田國男は次兄の通泰をたよって上京。國男16歳のときである。通泰を通して森鴎外に紹介される。

 明治24年、開成中学校に編入学。田山花袋と知り合う。

 明治26年、第一高等中学校入学。

 明治28年、『文学界』に新体詩を発表。島崎藤村と出会う。明治31年4月5日、島崎藤村は銚子から布佐の柳田國男を訪ねる。

 明治31年の夏、柳田國男が大学生の頃、網元の離れ座敷を間借りして伊良湖に1ヶ月余り滞在、恋路ヶ浜を散策中に椰子の実を拾った。その話を島崎藤村に語ったところ、それが素材となって「椰子の実」の詩が生まれたという。

柳田國男


明治44年頃

『遠野物語』の記念碑

遠野駅(岩手県遠野市)

柳田國男記念公苑

(茨城県北相馬郡利根町)

椰子の実記念碑

渥美半島(愛知県田原市)

柳田國男の文学碑

飫肥城下町(宮崎県日南市)

旅のあれこれ文 学に戻る