旅のあれこれ


宮本武蔵・佐々木小次郎

 慶長17年(1612年)4月、宮本武蔵は小倉を訪れ、細川藩家老長岡(松井)佐渡興長を訪ね、佐々木小次郎との試合の許可を依頼した。

 慶長17年(1612年)4月13日、宮本武蔵と佐々木小次郎は巌流鳥で決闘。

 元和4年(1618年)、宮本武蔵は明石藩主小笠原忠真の客分として明石に迎えらる。

 寛永17年(1640年)、宮本武蔵は細川忠利公から熊本に招かれ、「五輪の書」などの兵法書を書く。
 正保2年(1645年)5月19日、宮本武蔵は千葉城(熊本)の屋敷で亡くなる。享年62。

巌流島

(山口県下関市)

小倉城

(福岡県北九州市)

宮本武蔵

宮本武蔵の碑

笠覆寺(愛知県名古屋市)

一乗寺下り松

一乗寺下り松(京都府京都市)

明石城

(兵庫県明石市)

圓珠院

(兵庫県明石市)

米田天神社

(兵庫県高砂市)

宮本武蔵・伊織之像

西光寺(兵庫県高砂市)

宮本武蔵生誕の地

(兵庫県高砂市)

熊本城

(熊本県熊本市)

戦氣 寒流帯月澄如鏡

春光寺(熊本県八代市)

佐々木小次郎

一乗滝

(福井県福井市)

吉香公園

(山口県岩国市)

旅のあれこれに戻る