2009年新 潟

五智国分寺〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

上越市五智に五智国分寺(HP)がある。


天平13年(741年)、聖武天皇建立。

永禄5年(1562年)、上杉謙信再建。

 天和3年(1683年)、大淀三千風は五智国分寺を訪れた。

 さて名高き越後の護國山國分寺の大伽藍は、聖武帝御建立日域第一の五智尊、坐像五尺有餘、放光蓮臺に膝をならべて坐し給ふ。


 宝永6年(1709年)、明式法師は五智国分寺を訪れている。

直江の浦いまは今町と云。安國山國分寺ほどちかし。五智の如來を禮す。抑當山は聖武帝の勅願にて、六十餘州に國分寺を建給ふ。そのひとつなりと、堂をめくつて、山有海有。

   秋とても佐渡の弦藻(つるも)をこがね花


国分寺山門


天保6年(1835年)に再建したと言われているそうだ。

山門を入ると、左手に芭蕉の句碑があった。


薬欄にいづれの花をくさ枕

三重の塔


安政3年(1856)、着工。

慶応元年(1865)、上棟。

国分寺本堂


平成9年(1997年)、再建。

天台宗の寺である。

本尊は五智如来。

 明和8年(1771年)4月、加舎白雄関川の里を越えて北陸行脚に出発。五智如来に参拝している。

名だゝる五智の如来を拝みて、

 芥子ちるや御仏達の爪はぢき


本堂の手前左手にも芭蕉の句碑があった。


古池や蛙飛こむ水のおと

国分寺裏門近くに鏡ヶ池がある。

親鸞聖人は鏡ヶ池に自らの姿を写し御真影を描いたといわれる。

 天明2年(1782年)、田上菊舎は五智国分寺境内の鏡池を見ている。

   これより先は、所謂こたの浜なり。爰を
   過て国分寺有。境内に鏡池有。是即、他力
   念仏一行と勧め玉ふ聖人の御面影を
   自木像に刻ませ給ふ池なりと聞侍りて

着飾らぬ影こそすゞし鏡池


 文化3年(1806年)、岩間乙二は五智国分寺を訪れている。

   五智にて

住はこゝ椎の風折月さして


竹之内草庵


 承元元年(1207年)、親鸞聖人は越後の国に流罪となる。国分寺住職は境内に草庵を結び、親鸞聖人を住まわせたそうだ。

 天保3年(1832年)、小林葛古は五智国分寺に参詣している。

本堂南向如来五体にて、聖武帝天平九年の草刹。文政十一年火災に掛るとぞ。本尊ともに新し。参詣の上、浜手出る。境内に親鸞聖人五年草庵の旧地あり。

『五智まうで』

 明治42年(1909年)6月5日、河東碧梧桐は高田から五智国分寺に詣でた。

 六月五日。午前曇、午後雨。

 雨中鶯池、暮雪、空哉、谷人等と直江津に遊んで、五智の国分寺に詣でた。

 信州の額を磨し鼻を衝く山中に月余彷徨しておった目には、変化のない真平な海、曲折のない直ぐな砂浜が、却て一種の快感を与える。幾分囹圄を脱したような心持である。

 ゆうべから蚊帳を吊った。


2009年新 潟〜に戻る