2020年福 岡

三宜楼〜高浜虚子〜
indexにもどる

栄町商店街から西へまっすぐ登ると、三宜楼(さんきろう)です。

昭和6年(1931年)4月。新築・開業。

 昭和11年(1936年)2月21日、高浜虚子は門司着。三宜楼で門司市長後藤多喜蔵の招宴。

二月二十一日。朝、門司著。萍子招宴、三宜樓。

 壇之浦を過ぎ滿開の梅の寺

 老木の梅咲きそめし寺に来し

 僧我を咎め顔なり梅の寺

 梅を見て明日玄海の船にあり

 風師山梅ありといふ登らばや

 太宰府の梅やいかにと門司船出


3階和室に「俳句の間」がある。


22日、虚子は風師山(かざしやま)に登る。正午、門司出帆。上海に向かう。

 二十二日朝、萍子の案内にて自動車道を門司の高山眺望絶景の風師山に登らる。

 一行は虚子先生、章子嬢、楠窓、しづの女、萍子等。

      先生作句

   風師山梅ありといふ登らばや

   今日もまた船をのぼりて梅を見る

後藤萍子「門司港に於ける虚子先生」

掛軸を拡大。


風師山梅ありという登らばや
   虚子

谺して山ほととぎすほしいまゝ
   久女

平成26年(2014年)4月、一般公開。

風師山登山口に虚子の句碑があるそうだが、旅の途中で登るのは大変だ。

後日、タクシーで行った。

昭和11年(1936年)、吉井勇は風師山に登る。

風師山にのぼりて空を仰ぐとき雲と遊ばむこころ起りぬ

風師山のぼれば天の日もちかしすなはち心燃えにけるかも

『天 彦』

風頭山に歌碑がある。

久女の句は英彦山で詠まれた句。

2020年福 岡〜に戻る