旅のあれこれ文 学


小泉八雲ゆかりの地

 嘉永3年(1850年)、ギリシアのレフカダ島に生まれる。

 明治24年(1891年)11月、旧制五高教師を務める。

 明治27年(1894年)、神戸市のジャパンクロニクル社に就職、神戸に移住。

 明治29年(1896年)、東京帝国大学文科大学の英文学講師に就職。日本に帰化し「小泉八雲」と名乗る。

 明治33年(1900年)、島根県尋常中学校(現:島根県立松江北高等学校)と島根県尋常師範学校(現:島根大学)の英語教師に任じられる。

 明治35年(1902年)、市谷冨久町から大久保に居を移した。

 明治37年(1904年)3月、早稲田大学の講師を務める。

 明治37年(1904年)9月26日、54歳で没。雑司ヶ谷霊園に墓碑がある。

小泉八雲の墓碑

雑司ヶ谷霊園(東京都豊島区)

小泉八雲胸像

小泉八雲記念公園(東京都新宿区)

小泉八雲旧居跡

(兵庫県神戸市)

松江城

(島根県松江市)

小泉八雲の像

塩見繩手公園(島根県松江市)

大雄寺

千鳥南公園(島根県松江市)

「耳なし芳一」の像

千鳥南公園(島根県松江市)

多遅樗雲の句碑

八重垣神社(島根県松江市)

芳一堂

赤間神宮(山口県下関市)

「十六日櫻」

龍穏寺(愛媛県松山市)

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)レリーフ

五高記念館(熊本県熊本市)

レリーフ

小泉八雲熊本旧居(熊本県熊本市)

旅のあれこれ文 学に戻る