私の旅日記

小泉八雲熊本旧居〜レリーフ〜
indexにもどる

熊本市中央区安政町に小泉八雲熊本旧居がある。


 小泉八雲別名ラフカディオ・ハーン)は、怪談(「耳なし芳一」、「雪女」、「むじな」)などの作者として知られています。

 この小泉八雲熊本旧居は、明治24年(1891年)、第五高等中学校(現在の熊本大学)の英語教師として熊本に赴任した際、最初の1年を過ごした住居です。

 八雲の日本に関する日本の著書である「知られざる日本の面影」はここで執筆されたといわれています。

 昭和35年解体の危機にさらされましたが、小泉八雲熊本旧居保存会が結成され、翌年、旧居は現在地に移築保存されました。

レリーフ


松江市の千鳥南公園に「耳なし芳一」の像がある。

「私の旅日記」のトップページへ