幕末・維新ゆかりの地



佐久間象山・大村益二郎遭難之碑

 「池田屋騒動之址」から高瀬川を渡ると、「佐久間象山・大村益二郎遭難之碑」があった。


佐久間象山先生遭難之碑
大村益二郎先生遭難之碑

北へ約壹丁

佐久間象山・大村益二郎遭難之碑

よく見ると「北へ約壹丁」とあり、この石碑は道標であった。

 佐久間象山は信州松代藩の出身で、儒学や朱子学を修め、西洋科学の導入で日本の殖産興国に尽力しました。彼の塾からは、勝海舟・吉田松陰坂本龍馬ら傑物を輩出しています。元治元年(1864年)に上洛し、開国論を唱えて公武合体に努めたため、同年7月11日に刺客に斬殺されました。

 大村益次郎は長州藩出身で、医学を梅田幽斎に学び、さらに緒方洪庵の適塾でも学んで兵学者となりました。長州藩の軍事指導者として活躍し、その功績から維新後、兵部大輔に任名され、近代兵制樹立に尽力しました。しかし、廃刀論で士族の反感を買い、明治2年に三条木屋町にて反対派士族に襲われ、同年敗血症で死去しました。

三条小橋商店街振興組合

「遭難の地」には行かなかった。

靖国神社に大村益二郎の像がある。

三条大橋へ。

幕末・維新ゆかりの地に戻る