一茶ゆかりの地


〜象潟〜

 元禄2年(1689年)6月15日、芭蕉は酒田から象潟に向けて出立。朝より小雨。昼過ぎ、遊佐町(吹浦)に到着。強雨のためここに宿泊。翌16日、吹浦を出発。雨の中を象潟にやってきた。

 江山水陸の風光数を尽して今象潟に方寸を責。酒田の湊より東北の方、山を越、礒を伝ひ、いさごをふみて、其際十里、日影やゝかたぶく比、汐風真砂を吹上、雨朦朧として鳥海の山かくる。闇中に莫作して、雨も又奇也とせば、雨後の晴色又頼母敷と、蜑(あま)の苫屋(とまや)に膝をいれて雨の晴を待。

『奥の細道』

 「蜑(あま)の苫屋(とまや)」は能因の歌「世の中はかくても経けり象潟の海士の苫屋をわが宿にして」を引用。

象潟


安永2年(1773年)、加舎白雄は象潟を訪れている。

高浪や象潟は虫の藻にすだく

寛政元年(1789年)8月9日、小林一茶は象潟を訪れた。

   日も西海にかたぶき、夜ごろ旅宿をもとめて、先
   は一見せばやと、小舟にさほさして、はるか湖中
   に沈みぬれば、目のあたりなりけらし
象潟や嶋がくれ行く刈穂船
     寛政元酉ノ八月九日    右 東都 菊明

「日も西海にかたぶきぬころ」は『奥の細道』の「日影やゝかたぶく比」による。

菊明は一茶の前号。

   同十日、曙を見奉らんと、かの西行桜の下に屈め
   ば、朝凪しずかにして羽二重を晒せるがごとし。
   藻住む虫の夜を惜しみて、水底に声立る風姿、淋
   しみを止まりにたれば
象潟や朝日ながらの秋の暮れ      仝

『旅客集』(第7冊「登」)

 「かの西行桜の下に望めば」は「花の上こぐとよまれし桜の老木、西行法師の記念をのこす。」による。

 江の縦横一里ばかり、俤松嶋にかよひて又異なり。松嶋は笑ふが如く、象潟はうらむがごとし。寂しさに悲しみをくはえて、地勢魂をなやますに似たり。

『奥の細道』



象潟や雨に西施がねぶの花

象潟もけふは恨まず花の春

『千題集』(寛政元年)

一茶27歳の時の句である。

きさがたや浪の上ゆく虫の声


 文化元年6月4日(1804年7月10日)、象潟地震で象潟は隆起。翌5日、一茶は田川で象潟地震を知る。

四日 晴 戌下刻地震

五日 夜 白雨 六月四日出羽国由利郡地震ニヨリ込

『文化句帖』(文化元年6月)

 文化7年(1810年)5月8日、象潟を詠んだ焦雨と一茶の両吟がある。

瓢たんで鱠(なます)押へるさたもなし   雨

   終の栖は出羽の象潟   茶

『七番日記』(文化7年5月)

「瓢たんで鱠(なます)押へるさたもなし」は「瓢箪で鯰(なまず)押へる」のもじり。

 文化8年正月、小林一茶は象潟の桜を詠んでいる。

象潟や桜を浴てなく蛙(かはづ)

『七番日記』(文化8年正月)

象かたやそでない松も秋の暮

『七番日記』(文化8年7月)

象潟や田中の島も秋の暮

象がたやそでない松も秋の暮


 文化9年5月、小林一茶は能因のことを詠んでいる。

象がたや能因どのゝ夏の月

『七番日記』(文化9年5月)

小林一茶は象潟地震のことも詠んでいる。

蝉鳴や今象潟がつ[ぶ]れしと

『七番日記』(文化9年5月)

文化10年にも地震後の象潟を詠んでいる。

鳥海山は海を埋め、干満寺は地底に入る

象潟の缺(かけ)を掴んで鳴く千鳥

『七番日記』(文化10年10月)

 『迹祭』には「さきのとしの大なひ(ゐ)に鳥海山はくづれて海を埋め、甘(蚶)満寺はゆりこみ沼とかはりぬ。さすがの名どころも、まことにうらむがごとくなりけり。」と前書きがある。『文政版一茶発句集』にも同様の前書きがあるそうだ。

 「花の上漕ぐ」は西行の歌「象潟の桜は波に埋れて花の上漕ぐ海士の釣り舟」。

蚶満寺本堂


夕立や象潟畠甘満寺

『文政句帖』(文政8年6月)

一茶ゆかりの地に戻る