小林一茶



『迹祭』

 文化13年(1816年)11月、長沼の門人魚淵が桃青霊神を森田神社に勧請、社殿を造営した記念集として、一茶が代撰したもの。

「桃青霊神」は芭蕉の神霊。

寛政3年(1791年)、神祇伯白川家から「青桃霊神」の神号が授けられた。

桃青霊神詫宜(託宣)に曰はつ時雨

『七番日記』(文化9年4月)

守田神社


最初に一茶の序文がある。

 されば我友魚淵、筑紫高良山なる桃青霊神を勧請して、歌うら(占)にまかせて、みず(づ)がきに木槿を植まはしけるを、神慮にやかなひけん、ほちやほちやとしげりて、又その花に等しく、日々あらたに蕉風吹おこりぬれば、主はますます月々のまつりかゝさず、しんじちにとりおこなふ。けふもそのまつり日なりけり。

次に一茶と魚淵の歌仙。

法楽

御宝前にかけ奉るはつしぐれ
   一茶

文化十年十月吉日
   魚淵

文化10年(1813年)10月12日、長沼の経善寺で芭蕉会があった。

   十二 晴 長沼ニ入 経善寺有芭蕉会

『七番日記』(文化10年10月)

経善寺の住職は、長沼の門人立花呂芳

門前の婆々が榎の涼し過
   一茶

連歌めせめせ萩も候
   ゝ

 向島の梅屋敷(百花園)に加藤千蔭が「お茶きこしめせ、梅干も候ぞ」と書いた掛け行燈があったそうだ。

文化13年(1816年)11月に刊行されたようだ。

   六 晴 『迹祭』六十部信州送

『七番日記』(文化13年11月)

著名俳人に配ったが、道彦完来はろくに返事をしなかったようだ。

 みち彦・完来両人は、集とゞけ申候ても、返事いたさざるや(よ)し、世間あいつらへはて(照)り申まじく候間、右御せうち可被下候。

魚淵宛て書簡(文化13年12月2日)

 「みち彦」は金令舎鈴木道彦。「完来」は雪中庵四世大島完来。

陸奥から九州まで各地の俳人の句が紹介されている。

   広前にて

烏子や大きな口へあきの風
   松宇

暮るまでかゝつてけふも一葉哉
   春甫

夕ぐれの一際立ぬくさのはな
   呂芳

山焼くやひそかに見ゆる大桜
   完芳

薪割が絵ときしにけり涅槃像
   魚淵

人すきは見てもよき也うめの花
   梨翁

顔見せや先弁慶が梅の花
   葛三

虫鳴や月も大きうなるまゝに
   八郎

雲となり淡(泡)と成り水の日ぞ永き
   如毛

雉子提し人にきじ鳴曇り哉
   雲帯

あすは我と起くらべせよ門の蝶
   武曰

陽炎に背中まかせて草まくら
   文路

すやすやと若葉の下の楽寝哉
   反古

 アサノ
西行の昼寝の跡のかすみかな
   竜卜

雪降やくらきかたより少しづゝ
   文虎

  石村
音のして流るゝやうぞ銀河
   白齋

タカイノ
夕立や何処へのさばる蔦かづら
   春耕

 ユ田中
椿ほどつめたき花はなかりけり
   希杖

汗かきし畑を桜の木の間哉
   其翠

   さきのとしの大なひ(ゐ)に鳥海山はくづれて海
   を埋め、甘(蚶)満寺はゆりこみ沼とかはりぬ。さ
   すがの名どころも、まことにうらむがごとく
   なりけり。

象がたの欠(かけ)を掴で鳴く千鳥
   一茶

   相馬旧都

蚊の声や将門どのゝかくし水
   焦雨

いまひとり住まばつぶれん花の宿
   素檗

あさがほやとりつくものも草の花
   若人

   外ヶ浜

けふからは日本の雁ぞ楽に寝よ   一茶

      越 後

木母寺に三日月さすや春の水   竹里

閑古鳥こゝろ長くも鳴事よ
   幽嘯

      陸 奥


永き日のはしから出たり三日の月   雨考

菊の香や外にほしげもない小家   百非

   六浦

しぐるゝや鐘鳴かたが称名寺   冥々

二人して立別れ見るやなぎ哉   曰人

   別恋

無理いふ(う)て帰る報ひ(い)や夜の雪   素郷

春の雨昼は外やまをぬらしけり   平角

   芭蕉忌

寂しさの冬の主かな我仏   乙二
  松前
月代やつれにはぐれしきりぎりす   布席

      出 羽

鶯の音を尊がる山家かな   野松

茶上戸の世とはなりけり杜若   可来

      上 野

下陰へちよつと引越すゞみかな   鷺白
  雲水
古里へ盆しに来ても草まくら   碓令

      武 蔵

むつ(陸奥)殿の花火は過ぬ天の川
   金令

   閑室独座


日は過ぬ木ずゑの柿と見あひつゝ   成美

ひとへ桜露おくほどは咲のこす
   完来

いとゞなけ恥かき道具見ぬふりに
   寥松

春の夜の闇は袂をさらぬなり
   午心

桜戸にあがり勝手はなかりけり
   其堂

   十月十二日


わが宿は紙衣の音を奉る   一峨

つゆの世と見へ(え)てさつさと蓮の花   車両

雀等がうめも咲けり川ばたに   久藏

笋や月夜ねがひてぬすまれし   応々

   題西行上人


此おくに住人あれなやま清水   成美

かよひ来て此家の猫と成にけり   対竹

(お)どけても角力になるぞ宵月夜
   国村

正月が来たうへに又うめの花
   一瓢

      下 総

うぐひすのあくもの喰や老仲間
   雨塘

あさがほに引からまりし白髪かな
   素迪

蝶飛やねからあゆまぬ初太郎
   至長

天窓(あたま)から雪解(ゆきげ)の音も籠り堂
   一白

   両国

虫売の出て夜に入るやうすかな
   月船

閑古鳥背戸から人の来るかして
   李峰

   大坂にて

四ツ橋やひとつ踏でもほとゝぎす
   斗囿
  
木母寺へ行うと鳴歟いかのぼり
   双樹

石臼も露とちるべき草屋哉
   鶴老

      常 陸

青柳に潜り込だる月夜かな
   湖中

花咲てあはれに成ぬ名なし草
   松江

      上 総

馬の尾もながめられけり夏の月
   白老

石なごの玉にもかゝれふぢの花
   雨十

あさがほにおつつぶされし草家哉
   子盛

      安 房

汁の実にむしり込たしうめの花
   都賀
   (郁)
これといふ花もなけれど背戸の山
   杉長

      相 摸(模)

鵜づかひが門あらはすやけさの秋
   雉啄

百人が百人寒し鼻の穴
   支兀

貝甲(ヘタナリ)は眠し松魚はあはたゞし
   洞々

      甲 斐

若角力まけるにつけて贔屓哉
   可都里

うぐひすやあらしのひまの一拍子
   漫々

      近 江

合点して聞ばきくほどかんこ鳥
   亜渓

      京

朝がほにとりまかれけり槇の島
   雪雄

人しれぬ身はしづかなり朧月
   瓦全

      摂 州

陽炎に息ふきかけついせの海士
   尺艾

さみだれも日ましに成ぬ野菜売
   奇淵
  河内
あらし山鳥のさかりとなりにけり
   耒耜
 ビンゴ
めのまへに見えて口をし春のゆき
   古声

      九 州

川舟のそばまで来たり若菜つみ
   祥禾

最後に魚淵の跋文がある。

 ある人問ふ。「此山王の森の辺りは、三ヶ月堀とて、よしあしの茂りもことさらに、殊に螢の卓散にて、昼も折々舞歩行(あり)けば、『ひる見れば』といふ螢の句こそ、所にかなひたらめ。道ばたにもあらざるに、木槿何のゆかりありや」といふ。おのれ答ふ。「いかにも申さるゝ通り、螢はつかみ捨る程あり。去ながら『首筋赤き螢かな』などの句、石にゑりつけなば、芭蕉翁草葉の陰から首すぢより汗を流し、なんぼうかなしくやおぼしめさむと思ふものから、かたの如くいとなみ侍る。すべての人の心、おもてのごとく同じからざれば、人のあたまの蠅の世話やかむよりは、汝はなんぢの螢をせよ。我わが木槿を」と盃を納ぬ。

   文化十二年十月十二日

晝見れは首筋赤きほたる哉は、「存疑」の句とされる。

小林一茶に戻る