『旅客集』(蚶満寺所蔵)


象潟を訪れた文人墨客が詠んだ作品を俳人自ら書きしるしたもの。

象潟


伊(第1冊)

   象潟

きさかたの雨や西施がねぶの花

夕方雨やみて処の何がし舟にて江の中を案内せらるゝ

ゆふ晴や桜に凉む波の華

腰長の汐といふ処は、いと浅くて、鶴おり立てあさるを

腰長や鶴脛ぬれて海凉し

武陵芭蕉翁桃青

   象潟の眺望

我ための淡雪なれや蚶の景

伍良

ことし壬戌の夏、きさかたに舟をうかべて、爰かしこ漕ぎわたれば、たゞ画中を行めぐる心地す。むかし古僧都の入道の、仮住居ありし跡なんどを見て、しきりに其[の]閑寂の羨ましければ、

蚶潟に我巣も作れ友ちどり
   武陵秋瓜

呂(第2冊)

   八十八潟九十九森

目のとまる方へ打むく涼哉
   洛陽風雲斎
助叟

   眺望

象潟や唐をうしろに夏構
   江戸太白堂
桃隣

暑き日は鳥海山の雪見かな



誰籠る能因島に夏百日



鳥海に雪あり西は雲の峰

助叟

   蚶満珠寺

僧達の江湖の隙や合歓花



象潟芭蕉翁有合歓花句仍次末字

 水清浅照沙   象潟書横斜

 樹半含秋怨   感情二月花

   蚶満寺島は一瓶の花形に似たり

胴じめに秋の花それ蚶満寺

腰たけや初汐こしの蜆取
  武陵
青流洞
祇空

象潟の茂り西行笠を捨たりけり
 いせ射和
 仙台
三千風

きさかたや千鳥とならぶ鳥[の]海
   
 酒田
不玉

明月や青み過たるうづみ色
   
 大津
惟然

一とせ余り奥羽に遊行して、汐越の名湖に杖を曳、工藤氏に旅を恵まれ、金氏の旧家の風雅に誘はれ、九十九森八十八島を舟漕つれて、美景の八ツ、往昔の旅客、弁を揮ひ、花言を述尽し、今更言葉はなかりき。折もこそ神な月、風雨長途に労れ、唯へたへた書終、紙上を汚すも、島々の神仏ゆるさしめ

象潟や十月三日筆に湯気
   
花洛行脚
机墨翁

きさかたにわたらぬ鴛のかしこさよ

象潟の島は小春の花紅葉

立まよふ能因島に昼千鳥

さくら木や鳥海山の吹雪咲

象潟は鳥海山のぬくめ鳥

腰長の水底ちかし玉霰

象潟の合歓も桜も袖時雨

水鳥よ行脚の影を何覗く

寅小春、洛を抱へ、はるけき急旅に筆を捨て、から尻に鞭を添、大師坂へと逃行ぬ

丁卯のことし文月四日、汐越に来り、そこの良医金氏にいざなわれて蚶満種寺の書院より眺望す

象潟や一葉にこゝろ漕あるき
 武州
鴻巣駅
柳几

波(第3冊)

象潟の月にしのぶの紅葉かな
 
秋田
梅洗

   詞

か様に出たる者は、近比上手の俳諧師にて候。我におとらぬ子も持、それに勝たる弟子もあまた有りと、誹太郎集の自序せし、東武木者庵湖十は、芭蕉本家にして、翁三代の大宗匠なりき。後浅草ふじのうら竹門に隠て、老鼠肝と呼。其門に遊ぶ者は、白川の関の閑人夕顔庵風光宗匠。蕉門の大道を極、誹諧に何不足なく、奥羽松前迄笠を吹晒して、今汐越しに及、中田氏に三宿して、旅客集を見るに、書つまりて、一句を備べき所もなし。仍[て]我が伝書の蓋紙をはづして一冊を拵、後人のためにもと続せしむる者也。

蕉門正系翁四世宗匠

巽々坊風光居士

宝暦二壬申長月仲五日

   江四章

松嶋は笑ふがごとく、象潟は眠るがごとしと、開山我が翁の文骨也。けふしも中田氏の催しによって、今此江にのぞみ、船をうかべて黙然(ママ)とし、東西南北を見るに、いづれか風光のさはがしき所もなく、只閑なる事感る(ママ)に絶(ママ)たり

象潟やいよいよの秋の柳にて

夕顔庵風光宗匠

   汐こし

汐越の古詠あまたあれど、西行上人の蜑の釣舟に秀るはなし

汐越は西行殿を種瓢

   腰長

網打やこしたけ濡て秋寒し

   西行桜

鳥海とさくらも底のもみぢ哉

      壬申菊月十四日

仁(第4冊)

象潟を小舟に棹さしてながめやる。絶景のほかに鳥海山の雪、雲の峰にまじりて、浪間に影を浸せば

象潟や舟の下行雲の峰
   加州小松雲納既白

象潟はうらむに似たりと祖翁の妙詞に、此江の風情は尽たりといふべし。されどたまたま爰に眺望して、其句のなからんは、いと本意なき業なめりと、只空吟、折にふれたるかたちのみを題して

象潟や墨絵の中に花一本
   梨一

保(第5冊)

   明和改元秋九月廿五日到象潟

小鰒よる浪ふところや五湖の秋   武凌隠士
雁宕



登(第7冊)

見かへる磯わづかに隔てゝ、長鯨沫を噴といへども、いたぶる浪のとゞかざる、象潟の閑なるを感じつゝ、桜がもとに春を想し、合歓の木かげに其実を結ぶ。祖翁の顰を傚ふに似たり。これから秋の日やゝ斜に、風景猶一瞬に転じて、仰しつ府しつ、なごりあるゆふべとはなりにたり

高波や象潟は虫の藻にすだく
   東武
しら尾坊

   安永二年秋九月四日

象潟やしほ曇れどもゆふ紅葉
   武陵
烏光

きさかたの岩ね岩ねや秋静
   勢南
斗墨



日も西海にかたぶき、夜ごろ旅宿をもとめて、先は一見せばやと、小舟にさほさして、はるか湖中に沈みぬれば、目のあたりなりけらし

象潟や嶋がくれ行く刈穂船

     寛政元酉ノ八月九日    右 東都 菊明


同十日、曙を見奉らんと、かの西行桜の下に屈めば、朝凪しずかにして羽二重を晒せるがごとし。藻住む虫の夜を惜しみて、水底に声立る風姿、淋しみを止まりにたれば

象潟や朝日ながらの秋の暮れ      仝

象潟に戻る