2013年栃 木

宇都宮城址公園〜関東七名城〜
indexにもどる

陽気もいいので、宇都宮城址公園に行ってみた。


宇都宮城を築城したのは藤原秀郷とも藤原宗円とも言われているそうだ。

清明台


 ここは、近世宇都宮城の本丸があったところです。

 宇都宮城址公園は、歴史資料や発掘調査結果に基づいた本丸の一部復元、中心市街地の活性化の拠点づくり、防災の拠点づくりを3つの柱として整備したもので、復元した土塁や堀、櫓、土塀は、江戸時代中期の姿を現代によみがえらせたものです。

 宇都宮城のはじまりは、平安時代の後期に築かれた館だといわれています。中世には宇都宮氏が500年にわたって城主をつとめ、戦乱の世を乗り切っています。江戸時代には譜代大名の居城として威容を誇りました。また、釣天井伝説の舞台、関東七名城の一つとしても有名です。

宇都宮市

 関東七名城は、川越(河越)城(埼玉県川越市)、忍城(埼玉県行田市)、前橋(厩橋)城(群馬県前橋市)、金山城(群馬県太田市)、唐沢山城(栃木県佐野市・田沼町)、宇都宮城(栃木県宇都宮市)、多気城(茨城県つくば市)あるいは太田城(茨城県常陸太田市)。

枝垂桜


 元和5年(1619年)、本多正純が小山から宇都宮に転封になる。

 天和元年(1681年)、本多忠平は白河藩から宇都宮藩に移封。

 貞享2年(1685年)6月22日、宇都宮藩から大和郡山藩に12万石で移封。

辛夷の花


 慶応4年(1868年)5月15日(4月23日)、土方歳三は宇都宮城攻城戦で足を負傷、会津田島を経て会津若松「清水屋」に運び込まれた。

平成19年(2007年)3月25日、開園。

2013年栃 木〜に戻る