2008年埼 玉

忍城本丸跡〜行田市郷土博物館〜
indexにもどる

埼玉県の行田は忍城の城下町。


冠木門


忍城の由来

 忍城は文明10年(1478年)頃成田顕泰(あきやす)により築城された。「守り易く攻めにくい」難攻不落の名城であったと伝えられている。

 天正18年(1590年)豊臣秀吉の関東平定の中で戦われた石田三成による水攻めにも耐え、この城は水に浮くのかと恐れられ「忍の浮城」とも称されたという。

 寛永16年(1639年)時の老中阿部忠秋が入城し忍城大改築に着手。孫の正武の代にいたり忍城御三階櫓の建設、城門土塀の修築などが完成し、面目を一新したという。

 文政6年(1823年)伊勢の桑名から松平忠堯(ただちか)が移封し、忠誠(ただざね)のとき明治維新を迎えた。

 市では維新後とりこわされていた城郭の面影を再建し、永く後世に伝えることになった。

行田市

 阿部忠秋は三代将軍家光の命で墨田川の濁流を騎馬で乗りきり、一躍勇名をとどろかせたそうだ。

御三階櫓


東門


 永正6年(1509年)、宗長は成田顕泰亭を訪れ、忍城の景観を記している。

武州成田下總守顯泰亭にして

   あしかものみきハゝ雁の常世かな

水郷也。館のめくり四方沼水幾重ともなく蘆の霜かれ。廿餘町四方へかけて、水鳥おほく見えわたりたるさまなるべし。


鐘楼


忍城本丸跡地に行田市郷土博物館がある。

企画展示室で「なんでもコレクターの栗原喜文コレクション展」開催中だった。

御三階櫓


大長寺へ。

2008年埼 玉〜に戻る