下 町文京区
indexにもどる

坪内逍遥旧居・常磐会跡〜炭団坂〜

春日通りの真砂坂上から炭団坂を下ると、本郷MKビルがある。


本郷MKビルの片隅に「坪内逍遥旧居・常磐会跡」の標示板があった。


坪内逍遥旧居・常磐会跡

本郷4−10−13

 坪内逍遥(1859〜1935)は、本名雄蔵、号は逍遥、または春迺舎(はるのや)おぼろで、小説家、評論家、教育家である。明治17年(1884年)この地(旧真砂町18番地) に住み、『小説神髄』(明治18年〜19年)を発表して勧善懲悪主義を排し写実主義を提唱、文学は芸術であると主張した。

 その理論書『当世書生気質』は、それを具体化したものである。門下生・嵯峨の舎御室は「逍遥宅(春迺舎)は東京第一の急な炭団坂の角屋敷、崖淵上にあったのだ」と回想している。

 逍遥が旧真砂町25番地に転居後、明治20年には旧伊予藩主久松氏の育英事業として、「常磐会」という寄宿舎になった。俳人正岡子規は、明治21年から3年余りここに入り、河東碧梧桐(俳人)も寄宿した。また舎監には内藤鳴雪(俳人)がいた。

ガラス戸の外面に夜の森見えて清けき月に鳴くほととぎす   正岡子規

(常磐会寄宿舎から菊坂をのぞむ)

−郷土愛をはぐくむ文化財−

文京区教育委員会

平成13年3月

「初烏」は元旦に鳴くカラス。新年の季語。

 この年、子規は健康ではない。

「明治二十二年は、本郷の常磐会寄宿舎楼上にて初烏を聞きぬ。折々は俳句などものせんと試むる頃なり」

 と、子規は後年、この年をふりかえって書いている。

 かれは昨年までいた高等中学(大學予備門の改称、のちの第一高等学校)の寮からこの松山藩の書生寮である常磐会の寄宿舎に移っていた。

 旧藩主久松家があらたに建てたもので大小十四、五室あり、二階は二室だけである。子規はその二階の一室八畳をひとりで占領していた。この二階の部分がちょうど坂の上になっており、子規の文章をかりると、

「常磐会寄宿舎第二号室(子規の部屋)は坂の上にありて、家々の梅園を見下し、いと好きながめなり」

 という風景になる。まわりは旧幕時代からの屋敷町で、家々の庭にはかならず梅の古木が植わり、春秋を告げている。こういう生活の景色のなかで、一句をつくった。

   梅が香をまとめてをくれ窓の風

『坂の上の雲』(ほととぎす)

八重寒紅


 明治22年(1889年)4月3日、正岡子規は常磐会寄宿舎から友人と二人で学友菊池謙二郎を訪ねて水戸へ徒歩旅行をした。

 ことし明治22年の春10日許り學暇を得ければ常磐會寄宿舎内の友一人を催して水戸地方に旅行をなさんと相談調ひさらば思ひ立つ日が吉日善は急げ物は障碍なき方へと進み人は愉快なる方へと志す規則のものなれば明日を門出での日と定めんとまで運びをつけ草履朝飯抔(など)の支度をとゝのへしは4月2日の夜のことなりき


同年5月9日、子規は2度目の喀血。7月7日、松山に帰る。

明治27年(1894年)、高浜虚子も上京して常盤会寄宿舎に入っている。

菊坂に下る急な坂道に「炭団坂」の標示板があった。


炭団坂

 本郷台地から菊坂の谷へ下る急な坂である。名前の由来は「ここは炭団などを商売にする者が多かった」とか「切り立った急な坂で転び落ちた者がいた」ということからつけられたといわれている。

 台地の北側の斜面を下る坂のためにじめじめしていた。今のように階段や手すりがないころは、特に雨上がりには炭団のように転び落ち泥だらけになってしまったことであろう。

 この坂を上りつめた右側の崖の上に、坪内逍遥が明治17年(1884)から20年(1887)まで住み、『小説神髄』や『当世書生気質』を発表した。

  −郷土愛をはぐくむ文化財−

文京区教育委員会

平成6年3月

啄木ゆかりの赤心館跡へ。

下 町文京区〜に戻る