下 町文京区
indexにもどる

菊坂界隈〜樋口一葉の菊坂旧居跡〜

本郷3丁目交差点から本郷通りを行く。


本郷4丁目と5丁目の間の坂が菊坂である。

 本郷3丁目の四ッ角で乗り物を捨て、本郷通りを東大赤門の方へ70メートルほど歩み、文京センターの角を左へ折れる道を菊坂の通りという。

 魚屋、八百屋、菓子屋、葬儀屋、そば屋、せんべい屋、本屋、それから何を売っているのか得体の知れない構えなど、およそ東京のどこにでもある。ありふれた映えないその通りを、300メートルほどもうねうねと行く。

近藤富枝『本郷菊富士ホテル』

震災にも戦災にも焼け残り、明治 ・大正の面影を残している。

菊 坂

本郷4丁目と5丁目の間

 「此辺一円に菊畑有之、菊花を作り候者多住居仕候に付、同所の坂を菊坂と唱、坂上の方菊坂台町、坂下の方菊坂町と唱候由」(『御府内備考』)とあることから、坂名の由来は明確である。

 今は、本郷通りの文京センターの西横から、旧田町、西片1丁目の台地の下までの長い坂を菊坂といっている。

 また、その坂名から樋口一葉が思い出される。一葉が父の死後、母と妹の3人家族の戸主として、菊坂下通りに住んだのは明治23年(1890年)であった。今も一葉が使った掘抜き井戸が残っている。

 一葉の父は則義。一葉の父則義は、夏目漱石の父直克と東京府で同僚だったそうだ。歴史・文学上で則義の名は樋口一葉の父以外に聞いたことがない。

寝ざめせしよはの枕に音たててなみだもよほす初時雨かな

樋口夏子(一葉)

菊坂は夏目漱石の『こころ』にも一度だけ出てくる。

 私はとうとう万世橋を渡って、明神の坂を上がって、本郷台へ来て、それからまた菊坂を下りて、しまいに小石川の谷へ下りたのです。

−郷土愛をはぐくむ文化財−

文京区教育委員会

菊坂を下っていくと、旧菊坂町の案内があった。


旧菊坂町(昭和40年までの町名)

 この辺一帯に菊畑があった。坂を菊坂といい、坂下を菊坂町と名づけた。

 元禄9年(1696年)町屋が開かれ、その後町奉行支配となった。

 町内には、振袖火事の火元の本妙寺があった。下通りには、女流作家樋口一葉が住んだ。現在旧居跡には使った掘抜井戸が残っている。

掘抜井戸


樋口一葉の菊坂旧居跡


樋口一葉の菊坂旧居跡

文京区本郷4−32・31

 一葉は、父の死後母妹と共に、次兄虎之助のもとに身を寄せた。しかし、母と虎之助との折り合いが悪く、明治23年(1890年)9月、3人は旧菊坂町70番地(この路地の菊坂下道に向かって右側)に移ってきた。ここは安藤坂の萩の舎(一葉が14歳から没するまで通った歌塾)に近いところであった。

 明治25年(1892年)5月には、この路地の反対側の下道に面したところ(菊坂町69番地)に移った。

 ここでの2年11ヶ月(18〜21歳)の一葉は、母と妹の3人家族の戸主として、他人の洗濯や針仕事で生計を立てた。おそらく、ここにある掘り抜き井戸の水を汲んで使ったと思われる。

 きびしい生活の中で、萩の舎の歌作、それに必要な古歌や古典の研究をし、上野の図書館にも通い続けた。そして、萩の舎での姉弟子田辺花囿(かほ)の影響で、小説家として立つ決意をかため、半井桃水(なからいとうすい)に小説の手解きを受けた。

 明治25年(1892年)3月「武蔵野」創刊号に小説『闇桜』が掲載された。また、小説と共に貴重な日記はここに住んだ明治24年(1891年)4月1日から書き始められている。いわば、ここは一葉文学発祥の地と考えられる。菊坂上通りに、一葉や母のよく通った質屋が今もあり、その土蔵は一葉当時のものである。

−郷土愛をはぐくむ文化財−

文京区教育委員会

 樋口一葉の菊坂旧居跡から更に菊坂を下ると、一葉ゆかりの伊勢屋質店がある。


「伊勢屋質店」土蔵


一葉ゆかりの伊勢屋質店(本郷5−9−4)

 万延元年(1860年)、この地で創業し、昭和57年に廃業した。樋口一葉(1876〜96)と大変縁の深い質屋であった。

 一葉の作品によると、一葉が明治23年、近くの旧菊坂町(本郷4丁目)の貸家に母と妹と移り住んでから、度々この伊勢屋に通い、苦しい家計をやりくりした。明治26年、下谷竜泉寺町に移ってからも、終焉の地(現西片1−17−18)に戻ってからも、伊勢屋との縁は続いた。

 一葉が24歳の若さで亡くなった時、伊勢屋の主人が香典を持って弔ったことは、一葉とのつながりの深さを物語る。店の部分は明治40年に改築した。土蔵は外壁を関東大震災後塗り直したが、内部は往時のままである。

 此月も伊せ屋がもとにはしらねば事たらず、小袖四つ、羽織二つ、一風呂敷につゝみて、母君と我とゆかんとす。蔵のうちにはるかくれ行ころもがへ

一葉の明治26年5月2日の日記

−郷土愛をはぐくむ文化財−

文京区教育委員会

本妙寺坂を上る。

下 町文京区に戻る