2006年新 潟

妙高山〜赤倉温泉〜
indexにもどる

天気が良いので、妙高山を見に赤倉温泉に行くことにした。

 上林温泉から国道292号(志賀草津道路)を行き、信州中野ICで上信越自動車道に入る。

妙高高原ICで国道18号に入り、県道39号妙高高原公園線で赤倉温泉へ。


文化13年(1816年)、赤倉温泉開湯。

   妙光(高)

雪ちるやきのふ出来たる湯[の]烟(けむり)

『七番日記』(文化14年10月)

尾崎紅葉、与謝野晶子、有島武郎など文人名士に愛された温泉である。

 大正10年(1921年)8月、与謝野鉄幹・晶子夫妻は赤倉温泉を訪れている。

観音の千手のやうにことごとくひとしき丈の赤倉の杉

赤倉の山少女ども淡いろの雲の中にて盆の蕎麦打つ

杉と云ふ山の木もまた明星も香岳楼の客におもねる

『草の夢』

 大正13年(1924年)8月6日、与謝野晶子は夫の鉄幹とともに再び赤倉温泉に遊ぶ。

妙高の山のむらさき草に沁みたそがれ方となりにけるかな

赤倉の山より出づる雲ゆゑにおぼろげなりや北海の門

『心の遠景』

直江津を経て、佐渡に旅行。

妙高山


妙高山は日本百名山のひとつである。

「赤倉観光ホテル」が見える。

 昭和30年(1955年)8月、富安風生は赤倉観光ホテルに泊まっている。

   赤倉観光ホテルに泊る

霧の扉の咫尺に着きて山ホテル

『古稀春風』

「赤倉観光ホテル」は標高1,000mにある。

「赤倉観光ホテル」のお風呂に入りたかったが、入浴だけはできないそうだ。

テラスレストラン「あじさい」でコーヒーを飲む。

テラスから見る斑尾山。


野尻湖へ。

2006年新 潟〜に戻る