2006年長 野

黒姫山〜野尻湖〜
indexにもどる

赤倉温泉は山を見るには近すぎた。

国道18号に戻り、野尻湖へ。


黒姫山


黒姫山は信濃富士とも呼ばれるそうだ。

信州のサンセットポイント100選に選ばれている。

 いくら信州のサンセットポイントでも、夕陽が沈むのを待っているわけにはいかない。

 大正2年(1913年)10月5日、高浜虚子は野尻湖を訪れている。

秋風に燒けたる町や湖のほとり

湖畔茶屋の郵便函や薄紅葉

灯火の穂に秋風の見ゆるかな

      十月五日。善光寺參拜。柏原に一茶の遺跡を弔す。


 大正12年(1923年)、与謝野晶子は有島武郎を悼む歌で野尻湖を詠んでいる。

赤倉に野尻の湖を見しほどのさかひにせめて君のおはさば

『泉』8月号

 大正13年(1924年)8月7、8日、与謝野晶子・寛は赤倉温泉に遊び、関温泉から野尻湖へ。

   野尻湖にて

白くしてこれは冷たき唇ぞ吸はで去らまし野尻の湖水

身に沁むは苦しけれどもそのさまにあまり遠かる野尻の湖水

『心の遠景』

 昭和9年(1924年)8月5日、与謝野晶子・寛は赤倉温泉から野尻湖を見て、上林温泉へ。

棧橋のうへ五寸ほど八月の水の超えたる山のみづうみ

黒姫を野尻の湖の水(み)づきたる柳に置きてあそべる裸體(はだか)

「山上の気」

野尻湖を一周する。

妙高山


道の駅「しなの」へ。

2006年長 野〜に戻る