池西言水

『東日記』(言水撰)


延宝9年(1681年)、『東日記』(言水編)刊。

いつ彌生山伏籠の雲をきそ始
   露沾

 尾花澤
今朝の雜煮貫之の中の味噌粕也
   清風

子日して我石臺や千とせ山
   言水

うかれ雀妻よぶ里の朝菜摘
   其角

隣男妹見けんかも若菜垣
   言水

   白 魚

藻にすだく白魚やとらは消ぬべき
   桃青

   帰 雁

是なるべし厂立沢の春の暮は
   不卜

若芦にちるか玉蟹のそばへ草
   杉風

盛じや花に坐(ソゞロ)浮法師ぬめり妻
   桃青

   読荘子

是は嵐雪の偽(うそ)花のうそ
   其角

   菜 花

山吹の露菜の花のかこち顔なるや
   桃青

春つながず花山の牧と暮にけり
   調和

摘けんや茶を凩の秋ともしらで
   桃青

   更 衣

餓鬼姿今朝夏あやし初衣
   露沾

   灌 仏

生御殿卯花葺の尊(みこと)とかや
   調和

 尾花澤
かくれ簔寶くらべや郭公
   清風

麓寺うこぎが奥を郭公
   其角

玉水や栄螺<サゞイ>がら鳴かんこ鳥
   言水

人はいさゆの花折て下戸いぢり
   言水

五月雨に鶴の足みじかくなれり
   桃青

   題江戸八景

住べくばすまば深川雨五月
   其角

愚にくらく棘をつかむ螢かな
   桃青

蚊は名乗けり蚤虫はぬす人のゆかりなり
   其角

   氷 室

氷室山里葱の葉白し日かげ草
   其角

清盛も其代をしらば氷室守
   言水

   西 瓜

茄子淋しく西瓜の富をにくむとかや
   調和

   木 槿

花むくげはだか童かざし哉
   桃青

玉子啼て卅日の月の明ぬらん
   素堂

芋洗ふ女に月は落にけり
   言水

枯枝に烏のとまりたるや秋の暮
   桃青

碁打座頭暮ゆく秋や馬に鞍
   露沾

宮殿炉也女御更衣も猫の声
   素堂

黒塚やつぼね女のわく火鉢
   言水

砧尽て又のね覚や納豆汁
   其角

石枯て水しぼめるや冬もなし
   桃青

池西言水に戻る