2010年山 梨

向嶽寺〜「翁」の句碑〜
indexにもどる

甲州市塩山上於曽に向嶽寺(HP)という寺がある。


富嶽(富士山)に向かう寺ということである。

臨済宗向嶽寺派の本山。

 永和4年(1378年)、抜隊得勝(ばっすいとくしょう)が開いた向嶽庵に始まる。

山号は塩山。

 『古今和歌集』の「志ほの山さしでの磯にすむ千鳥君が御代をば八千代とぞなく」に歌われた「塩の山」に因んで山号とした。

総門と築地塀


総門は室町時代の禅宗様四脚門。

国の重要文化財である。

向嶽寺境内に「翁」と書かれた句碑があった。


諸の古ゝ呂柳に任す遍し

『もとの水』『俳諧一葉集』『芭蕉句解参考』に収録されている。

猿雖に對して」と前書きがある。

猿雖は伊賀上野の門人。

芭蕉の句ではなく、岩田涼菟の句という。

仏殿兼開山堂


天明6年(1786年)の大火災で焼失。

天明7年(1787年)、再建。

市指定文化財

天明8年(1788年)3月17日、蝶夢は江戸へ下る途中で向嶽寺を訪れている。

 塩の山、向嶽寺の霊場たりしも、近比焼失して、今再建のしたくもあるや。築地・山門は残りて現然たり。


紅梅が咲いていた。


2010年山 梨〜に戻る