2010年栃 木

掬翠園〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

鹿沼市銀座1丁目に「屋台のまち中央公園」がある。


「屋台のまち中央公園」に日本庭園「掬翠園」がある。

 「掬翠園」は鹿沼三名園のひとつで、明治45年(1912年)から5年間かけて長谷川唯一郎氏により造園された。鹿沼の三名園中で唯一の現存する庭園である。

濱田庄司をはじめ、多くの文化人が訪れているそうだ。

 明治6年(1873年)、唯一郎は栃木町の生まれ、鹿沼町の村山商店で奉公。のち独立して鹿沼屈指の麻商となった。

瑠璃殿


本尊は阿弥陀如来坐像。

瑠璃殿の前に句碑があった。


落つるまを風の抱える一葉かな   唯一

 昭和55年(1980年)、氏の長男の嫁喜美さんが唯一郎を偲び、建立した。

山吹が咲いていた。


観濤居


観濤居の前に芭蕉の句碑があった。


入あひのかねもきこへすはるのくれ   風羅坊

碑銘は芭蕉真蹟詠草(出光美術館所蔵)。

田家にはるのくれをわふ」と前書きがある。

 元禄2年(1689年)3月29日(新暦5月11日)、芭蕉は鹿沼に1泊した折の句とされる。

『俳諧書留』には「室の八嶋」と前書きがある。

平成21年(2009年)3月、320年を記念して鹿沼史談会が建立。

二輪草が咲いていた。


2010年栃 木〜に戻る