2008年静 岡

浄因寺〜碑巡り〜
indexにもどる

裾野市の若山牧水「麦の秋」の歌碑から沼津市街を抜け、沼津市内浦三津へ。

内浦三津に浄因寺という寺がある。


東高山浄因寺




臨済宗円覚寺派浄因寺

俳号幻吁(げんく)大顛(だいてん)梵千禅師塔所

大顛は浄因寺七世住職。梵千は諱(いみな)

延宝4年(1676年)、鎌倉円覚寺第164代住職。

鎌倉圓覺寺大巓和尚、俳名ヲ幻呼ト云、其角師トスル事新山家集に見エタリ。貞亨元年甲子正月死、翁卯月ノ頃尾張ノ國ニテ是ヲ聞テ卯の花拜ムの吟有リ。

『蕉門諸生全伝』(遠藤曰人稿)

易に詳しかったようである。

その比円覚寺大巓和尚と申が、易にくはしくおはしけるによりて、うかゞひ侍るに、或時翁が本卦のやうみんとて、年月時日を古暦に合せて筮考せられけるに、萃といふ卦にあたる也。是は一もとの薄の風に吹れ、雨にしほれて、うき事の数々しげく成ぬれども、命つれなく、からうじて世にあるさまに譬たり。さればあつまるとよみて、その身は潜ならんとすれども、かなたこなたより事つどひて、心ざしをやすんずる事なしとかや。


大顛和尚の句碑


礼者門を敲くしだくらく花明らか也

『虚栗』冒頭の句である。

礼者敲しだくらく花明か也

『虚栗』(其角編)

貞亨2年(1685年)1月3日、57歳で遷化。

 此僧予に告げていはく、圓覺寺の大顛和尚今年陸(睦)月の初、遷化し玉ふよし。まことや夢の心地せらるゝに、先道より其角が許へ申遣しける。

梅こひて卯花拝むなみだ哉


浄因寺に芭蕉の句碑があった。


梅こひて卯花拝むなみだ哉

昭和52年(1977年)8月、建立。

4月5日、芭蕉は熱田から其角に書簡を送っている。

 草枕月をかさねて、露命恙もなく、今ほど帰庵に趣き、尾陽熱田に足を休る間、ある人我に告て、円覚寺大顛和尚、ことし睦月のはじめ、月まだほのぐらきほどに、梅のにほいに和して遷化したまふよし、こまやかにきこえ侍る。旅といひ、無常といひ、かなしさいふかぎりなくて、折節のたよりにまかせ、先一翰投机右而巳

   梅恋て卯花拝ムなみだかな   はせを

其角宛書簡(貞亨2年4月5日)

『芭蕉句選』には「櫻戀ひて卯の花拝むなみた哉」とある。

「尾陽熱田に足を休る間」は3月25日から4月8日まで。

芭蕉が大顛和尚の遷化を知ったのは4月始めということになる。

大顛は其角参禅の師であった。

   寄幻吁長老

老僧の笋をかむなみだかな   其角


榎本其角の句碑


   幻吁長老の死を悼みて

三日月の命あやなし闇の梅

『新山家』に収録されている。

 凡河内躬恒の歌に「春の夜の闇はあやなし梅の花色こそみえね香やはかくるる」がある。

熱海へ。

2008年静 岡〜に戻る