牧水歌碑

「麦の秋」の歌碑

 裾野市の市民文化センターから御殿場線沿いの道を行くと、法雲寺という寺がある。

法雲寺の手前の民家に若山牧水の歌碑があった。


「麦の秋」の歌碑


麦の秋

麦の穂の風にゆれたつ音聞ゆ雀つばくら啼きしきるなかに
うちわたすこの麦畑のゆたかなるさまをし見れば夏たけにけり
熟麦のうれとほりたる色深し葉さへ茎さへうち染まりつゝ
うれ麦の穂にすれすれにつばくらめまひをり空に雲雀群れ啼く
刈麦を積みあふらせて荷車のひとつ行くなりこの野の秋を
立ち寄れば麦刈にけふ出で行きて留守てふ友が門の柿の花

 「麦の秋」は、牧水先生他界直前、此の地にての作。

 歌の中に友とある、秋灯・鈴木浚一、生前の交遊を懐かしみ、其の柿の木の傍らに之を建つ。

 昭和55年4月

協賛 裾野図書館短歌会

『牧水歌碑めぐり』(大悟法利雄著)によれば、87番目の牧水歌碑である。

第15歌集『黒松』に収録されている。

 昭和3年(1928年)3月3日、若山牧水は沼津を出発し、箱根を廻って伊豆へ旅をした。鈴木浚一は多賀まで牧水の供をしている。

同年9月17日、牧水は43歳で永眠。

 昭和13年(1938年)9月13日、牧水没後10年で第15歌集『黒松』改造社発行。

浄因寺へ。

牧水歌碑に戻る