下 町
indexにもどる

子爵渋澤栄一像〜養育院中央記念広場〜

東武東上線「大山」駅下車。

板橋区栄町に東京都健康長寿医療センターがある。

養育院本院の跡である。

養育院本院の碑


 養育院は、昭和5年(1871年)10月15日に創設された。維新後急増した窮民を収容保護するため、東京府知事大久保一翁(忠寛)の諮問に対する営繕会議所の答申「救貧三策」の一策として設置されたものである。この背景には、ロシア皇子の訪日もあった。事業開始の地は、本郷加賀藩邸跡(現東京大学)の空長屋であった。その後、養育院本院は上野(現東京芸大)、神田、本所、大塚など東京市内を転々としたが、関東大震災後、現在地の板橋に移転した。養育院設置運営の原資は、営繕会議所の共有金(江戸幕府の松平定信によって創設された七分積金が明治維新政府に引き継がれたもの)である。

 養育院の歴史は、渋沢栄一を抜きには語れない。営繕会議所は、共有金を管理し養育院事業を含む各種の事業を行ったが、渋沢は明治7年から会議所の事業及び共有金の管理に携わり、養育院事業と関わるようになった。明治12年には初代養育院長となり、その後亡くなるまで、五十有余年にわたり養育院長として事業の発展に力を尽くした。

 養育院は、鰥寡(かんか)孤独の者の収容保護から始め、日本の社会福祉・医療事業に大きな足跡を残した。特に第二次世界大戦後は、児童の保護や身寄りのない高齢者の養護、さらに高齢者の福祉・医療・研究、看護師の養成など時代の要請に応じて様々な事業を展開した。

 平成11年12月、東京都議会において養育院廃止条例が可決され、127年にわたる歴史の幕を閉じたが、養育院が行ってきた事業はかたちをかえて現在も引き継がれている。

 養育院に関連する碑は、ほかに養育院の物故者中、引取人のいない遺骨を埋葬、回向をお願いした東京都台東区谷中の大雄寺、了カン(※人偏+「完」)寺、栃木県那須塩原市の妙雲寺及び東京都府中市の東京都多摩霊園にある。

 なお、碑の「養育院本院」は渋沢栄一の墨蹟を刻んだものである。

養育院を語り継ぐ会

この碑は元養育院職員等の篤志によって建てられました。

地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター

養育院中央記念広場に子爵渋澤栄一像があった。


大正9年(1920年)9月8日、渋沢栄一は子爵昇爵。

大正14年(1925年)11月15日、渋沢栄一銅像建立。

旧養育院長渋沢栄一銅像


 日本の福祉・医療の原点である「養育院」は、明治5年(1872年)に設立されました。渋沢栄一は明治7年以来その運営に関与し、養育院長として半世紀を超えて中心的な役割を果たしました。その偉業を顕彰するため、まだ存命中の大正14年(1925年)、幅広い東京市民の醵金により建てられたのがこの銅像です。

 帝展・文展の審査員も努めた彫刻家、小倉右一郎の制作で、高さ16尺(4.3m)、方20尺(5.4m)の花崗岩の台座に、高さ10尺(3.75m)、重量480貫(1.8t)の青銅で造られています。フロックコートをまといソファーに座る晩年の姿を映しています。

 また、昭和18年(1943年)金属供出のためにコンクリート製の代替像が作られ、本体は敷地の一隅に置かれて供出作業を待っていましたが、輸送の為の交通事情、都内空襲などで回収作業ができず、昭和20年4月13日の板橋地区の空襲にも焼け残り、供出されないままに昭和20年8月15日の終戦を迎えました。

 昭和32年に、作者・小倉右一郎の監修のもとに修築され、その後3回の敷地内移設を経て現状に至ってます。

 大正年間の養育院に関する造形物であり、板橋区の近代化の歴史を語る重要な史料となっています。平成26年(2014年)3月に板橋区の登録文化財(歴史資料)となりました。

板橋区教育委員会

養育院中央記念広場と「よろこび」


 この広場は、養育院初代院長渋沢栄一翁の業績を記念し、あわせて院内のおとしよりや、地域並びに広く都民の方々の“いこい”と“ふれあい”の場として設けられたものです。

 池の中にあるブロンズ像「よろこび」は、昭和57年度東京都「文化のデザイン」事業の一環として、この広場にふさわしい、やすらぎとうるおいを与える目的で制作されたものです。

 「よろこび」の制作は、小金丸幾久氏の手になるもので、清純な乙女の姿は、あふれでる噴水とあいまって、春の息吹と健康でやすらかな生活への願いとを表現しています。

 この「よろこび」が、渋沢栄一銅像が初代院長像とともに広場のシンボルとして、多くの方々に親しまれることを願うものです。

養育院・渋沢記念コーナー

新型コロナウィルス感染症対策のため
見学目的での来室は御遠慮いただいております。

下 町に戻る