下 町中央区
indexにもどる

大観音寺〜鉄造菩薩頭〜

東京メトロ日比谷線人形町駅を出る。


大観音寺があった。


大観音寺は聖観音宗の寺院である。

江戸三十三観音の3番目の札所。ちなみに1番は浅草寺、2番は清水寺

大観音寺に鉄造菩薩頭があるそうだ。

鉄造菩薩頭

 この菩薩頭は鋳鉄製で、総高170センチメートル、面幅54センチメートル。頭頂部のみは後に補修され鋳銅製。頭上には高さ53センチメートルの高髻(こうけい)があり、後補の鋳銅製蓮華座に乗っています。

 この像は、もと鎌倉の新清水寺にあった観音像でしたが、鎌倉時代の火災で崩れてしまいました。江戸時代に頭部が鶴岡八幡宮前の鉄井(くろがねのい)から掘り出され、明治初年の神仏分離の令に際し鎌倉から移され、明治9年(1876年)大観音寺に安置されています。以後、本尊として今日に至りました。毎月17日に開帳され、信仰を集めています。

 中世造立になる関東特有の鉄仏のうちでも、鎌倉時代製作の優秀な作品で、昭和47年4月、都指定有形文化財に指定されています。

中央区教育委員会

今日は開帳日ではないので、見られない。

人形町の由来

 現在の人形町交差点北側一帯には江戸唯一の歓楽街がありました。中村座と市村座の江戸二座では歌舞伎が上演され、また見世物小屋をはじめ人形芝居の小屋が5、6軒あり、そのため、かなりの人形師がこの町に住んでいたので、江戸時代より俗に人形町と呼ばれ親しまれてきました。

   人形町

人形に茶をはこばせて門涼み


   十五日 晴 中村芝居 未刻ヨリ雷雨

   廿五日 曇 市村芝居 金蔵

『文化句帖』(文化2年3月)

   三 晴 中村坐(座)始 源之介梅の由兵衛役

『七番日記』(文化7年3月)

   十 晴 中村坐納

   [十]二 晴 森田納

   [十]三 晴 市村納

『七番日記』(文化7年12月)

中村座・森田座・市村座を江戸三座といったそうだ。

   廿 晴 一瓢上人中村坐(座)覧 松[井]ニ入

『七番日記』(文化9年2月)

   十二 晴 は組ノ者ト中村坐(座)大喧嘩 松[井]ニ入

   十三 申刻雨 中村坐(座)大喧嘩

※「嘩」は「華」ではなく、「花」。

『七番日記』(文化9年3月)

「は組」は、江戸の町火消。

   一 晴 中村坐(座)始 本行寺ニ入

   廿三 晴 一瓢上人市村坐(座)見物 留守 松井ニ帰

『七番日記』(文化11年11月)

この辺りは元吉原であった。

元吉原

 江戸時代の初め、元和3年(1617年)に蘆の繁茂する湿地を埋立して造成されたのがこの土地です。

 一方、14,000余坪を堀で囲んだ遊廓は江戸一番の歓楽の地と成りました。

 しかし、明暦3年(1657年)の江戸の大火で焼失した吉原遊廓は、39年間この地で栄えましたが、浅草山谷へ移されました。

 後地は新和泉・住吉・高砂・浪花の4ヶ町の商業地となり、周辺の商店と共に大いに繁昌し、今日に受けつがれています。

藪入が必立や思案橋

『七番日記』(文化14年正月)

 吉原に行こうか芝居町に行こうか、橋の上で思案したことから「思案橋」と名付けられたそうだ。

下 町中央区〜に戻る