下 町江戸川区
indexにもどる

仲台院〜将軍の御膳所〜

八蔵橋から小松川境川親水公園を行く。


今井街道を過ぎると、仲台院がある。

仲台院


仲台院

 浄土宗で、無量山西方寺と号します。鎌倉光明寺の学僧應誉良道上人が天文8年(1539年)一宇を建立して、阿弥陀如来を祀ったのが始まりです。

 当寺は享保2年(1717年)に将軍吉宗が放鷹のため当地を訪れた時に将軍御膳所(休息や食事をする場所)にあてられて以来、幕末まで将軍の御膳所でした。

 吉宗は頻繁にこの地へ来て、鷹狩りを行いました。自ら紀州(和歌山県、吉宗は元紀州藩主)から呼び寄せた綱差(つなさし)役(獲物となる鳥の飼育などをする役)加納甚内がこの地にいたこと、当寺この地には鶴が多く飛来していたことによると思われます。吉宗、家重、家治の3代で、100回以上もこの地で鷹狩りをしており、その大半は仲台院を御膳所にしています。

    平成元年3月

江戸川区教育委員会

仲台院に加納甚内の墓があるが、墓の写真を撮るのは何となく憚られる。

下 町江戸川区に戻る